買い物依存症の恐怖

気がついた時には多額の借金!買い物依存症の恐怖

 

買い物依存症の怖いところはお金が絡んでくる部分であることはお分かり頂けるかと思います。

 

買い物をすることで喜びを感じる状態ですから、それを何度も繰り返してしまい、結果として借金も膨れ上がってしまうのですね。

 

気がついた時にはどうにもならなくなるケースも決して少なくはありません。

 

そこで、今回は買い物依存症で借金がある場合の対処法などをご紹介していきましょう。

 

 

買い物依存症でクレジットカードの利用はNG!

 

買い物依存症による借金でよくあるパターンがクレジットカードで支払っているケースでしょう。

 

現金で支払っている人だと支払い以上の損害を被ることは少ないのですが、クレジットカードでこれを行っていると買い物に歯止めが利かなくなり、借金だけが膨らんでいくという悪循環が生まれてしまいます。

 

少しでも買い物依存症が疑われるようならば、なるべくクレジットカードの利用は避けるべきですね!

 

買い物依存症にクレジットカードという組み合わせは想定される限り、最悪の事態を招きかねないものでもありますので、気を付けていただきたいと思います。

 

 

対処法について

 

まずは早期の治療を

 

借金がある場合、当然借金をどうにかしなくてはなりませんが、買い物依存症になっているのであれば、まずは依存状態をどうにかしなくてはならないでしょう。

 

買い物を繰り返すのを止めなければ、借金の返済に着手しようにも目処が立ちませんよね?

 

なので、依存状態のまま、借金をどうにかするという考えは捨てた方が賢明です。

 

ですから、現実的には専門機関の利用などで症状の改善を図りつつ、借金の問題を解決する方法を模索していく形になるかと思いますね。

 

クレジットカードを使わない体制づくり

 

状況によって対処方法も変わってはくるのですが、返せるレベルの借金であれば、カードローンの利用、知人や家族から借りるのが無難でしょう。

 

返せない金額であるのなら自己破産の申請も視野に入れていかなくてはいけません。

 

特に金銭感覚がわからなくなるクレジットカード利用のケースでは「お金を使っているという自覚がない」状態にあることが非常に多くなります。

 

買い物依存症が疑われるときには「クレジットカードを使わない」こと、そして、「専門機関での診断」を受けることを強く推奨します!

 

 

まとめ

 

以上、買い物依存症で借金がある場合の対処法についてでした。

 

お金に困った時の対処法はどのケースでもさほど違いはないのですが、買い物依存症の様に依存がある場合だと症状を改善ないし抑制できなければ終わりが見えてきません。

 

ですので、ただ作った借金を返すというだけではなく、同時に症状の改善を目指していく必要が出てくるでしょう。

 

クレジットカードは非常に便利ですが、状況次第で諸刃の刃のような面も持っていることを忘れないようにしていただきたいと思います。

 

 

 

気がついた時には多額の借金!買い物依存症の恐怖関連ページ

原因は?治療はできるの?買物依存症を治したいという方へ
「買い物依存症」という精神疾患をご存知ですか?無駄遣いがやめられない、必要の無いものを一杯買って後悔ばかり、という方、それは病気かもしれません。
買い物依存症を治療したい!という方への病院の探し方
買い物依存症を治したい、という方に向けて、何科に行けばいいのか、どうやって専門の病院を探せばいいのかなどの情報をまとめました。
買い物依存症を克服するには?今すぐできる実践方法、心がけなど
買い物依存症を自分で克服するには?とお悩みの方へ、心がけることや自助グループについての情報などをまとめています。
責任はどこに?不利になる?買い物依存症が原因での離婚について
買い物依存症が原因での離婚の責任や調停・裁判になった際の展望、離婚を避けるために重要なポイントなどをまとめています。
浪費癖は病気なの?原因は?ついつい使いすぎてしまう人へ
無駄遣いや衝動買いが止められないといった浪費癖。この困った悪癖の原因は何なのか、病気なのかといった疑問について解説しています。
浪費癖を治したい!今すぐできる実践方法、心がけなど
浪費癖を治すにはどうしたら良いか知りたい方向けに、克服するための実践方法や心構えについてまとめています。