カードローン利用の5つの注意点をチェック!

カードローン利用の5つの注意点をチェック!

カードローンの注意

 

カードローンなどお金を借りる時に注意しておきたいことを5つに分けて申込〜返済までまとめました。
借り入れするまでにご覧ください。

 

審査は同時に複数の会社に申し込まないように注意!

 

急ぎでお金が必要!と言って、いくつもの業者に手あたり次第申し込むのは絶対にやめましょう。

 

実は、信用情報は申し込みをした時点で記録されます。 そして半年間保持されます。

 

 

カードローンを申し込む際に同意を求められる規約がありますが、この規約の中に個人情報を信用情報機関に登録する旨が書かれています。

 

仮審査の前の簡単な審査など、個人情報を入力する必要が無い事前審査なら信用情報機関には登録されません(本審査ではなく簡易診断や仮診断、お試し診断は問題ありません。)

 

規約に同意をしたらその信用情報を照会します。

 

照会された回数などから、短期間の間に色々なところが見ていると知られたら、審査に大きく影響してしまいます。

 

あまりにも多くの場所に申込があり、金融機関からの信用を失うことを俗に「申し込みブラック」と呼びます。

 

申し込みブラックに注意

 

信用情報に、何度も照会されたという事実が載ってしまうと、業者はよほどお金に困っているのだと判断し、融資するのを控えるようになります。

 

金融事故などではないため、本当の意味のブラックリストではありませんが、ある意味でブラックリストのようなリスクのある人物として扱われローン利用が難しくなってしまいます。

 

申し込みを短期で行うのは1社か2社程度に収めるようにするのがベストです。

 

ということは、申し込む前に審査が通る場所をしっかりと見定めてから、審査を申し込まなくてはいけません。

 

すでに審査に落ち、焦ってすぐに次のところに申し込んだり、落ちたときのことを考えて2社や3社に同時に申し込んでしまったなどで審査に複数落ちた方は、半年ほど開けてから申し込むようにしてください。

 

 

カードローンを返済に注意

 

借金の返済は普通のキャッシングのように、ATM返済やネット決済、振り込み、引き落としなどで返済していきます。

 

業者によって若干の差はありますが、現在はどこも様々な返済方法を用意しています。

 

申し込みをするときはお金に困っているものですので、返済のことを考えるのはどうしても後回しになりがちですが、返済が出来ないと後々いろんな信用を失い、クレジットカードが作れなくなったり、マイカーローンが組めなくなったり、携帯電話の本体の分割払いの審査が通らなかったりととんでもないことになりますので、しっかりと返済できる額だけを借りるようにしてください。

 

忘れやすくて困っているという方には、返済は口座引き落としがお勧めです。

 

口座引き落としは返済のためにATMに行くことをしなくても、月々の返済金額を口座に入れておけば滞納することなく自動で引き落としてくれるので便利で、そして安全です。

 

また、自ら返済日を選ぶことが出来るところもあります。

 

給料日の前日に返済日が設定していると返すのが辛くなることも大いに考えられますので、出来るだけお給料が入って近い日に設定するのがおすすめです。

 

給料日後に返済日を設定できるかを確認するとよいでしょう。

 

金利に注意

 

返済するときに非常に重要な要素となる、金利についてもまとめて行きます。

 

金利が高いと、借りた額=元本に加えて、返済額のプラスにのしかかるお金が増加し、負担が増えます。

 

低金利、無利息という返済にお得な借入先を選択するのは非常に賢い借り方です。

 

低金利すぎる危険

 

しかし、低金利でも安全ではない業者があることをご存知ですか?

 

安全ではない業者は、ズバリ無名業者のカードローンです。

 

「金利1.99% ○○興産 即日審査なしで貸します」

 

そもそも金利が低い理由は、大手の銀行や金融機関の傘下に入っているため、資金力の余裕があるためできるサービスです。

 

無名なのに金利を低くして大手と対抗することはビジネスとして難しいのです。

 

ということは・・・もしかすると危険な業者かもしれないということです。

 

やはり、テレビCMやラジオCMなどをしている大手の業者は保証会社や信用情報機関との連携もあるため、安全性はその他とは比にならないほど高いのです。

 

特別な事情でもない限りは、出来るだけ大手の業者を利用するようにして、大手の業者の中から金利の低いところを選ぶようにしてください。

 

中小金融機関を利用したい場合

 

それでも大手以外の業者を利用したいという時には、金融庁のホームページで「貸金業登録」がされているかどうかを確認してください。

 

貸金業業者として認可を受けていることにつながりますので、少なくとも闇金業者ではないことが確認できます。

 

あとは、ネット上の口コミを確認するのも良いですね。 『業者名+口コミ』などで検索してみましょう。

 

そして、聞いたこともない業者なのに金利ゼロとか、審査なしなどのカードローン業者は絶対に利用しないでください。

 

審査なしも金利ゼロもかなり危ない橋を渡ることになります。
何らかのカラクリのある詐欺の可能性がありますので頭に入れてみましょう。

 

カードローンの利用に慣れてしまうことに注意

 

早くお金を手に入れなければならない時に必要な分だけ利用することが出来る、画期的なサービスです。

 

最初のうちは「借金」のイメージで使うと思いますがだんだんと慣れてしまうとカードローンの利用ありきで生活を送ってしまうことがあります。

 

まるで自分の銀行口座の預金のような感覚になってしまうのです。

 

気付いたら返済額がとんでもない額になっていて、とても給料だけでは返せなくなることも少なくありません。

 

これは冗談のようなのですが、多くの利用者が対面する事実です。 人はなれる生き物です。

 

最初は1万円、5万円と言う額でも、しっかりと滞納せずに返そうと気を張って生活していますが、いつのまにか10万や20万という単位で借りるようになっていきます。

 

借金において、慣れは本当に危険ですので、利用するたびに現在の借入額、返済額を十分に確認して、返済できる範囲で利用するようにしてください。