危険!審査が甘いカードローン業者には要注意!

危険!審査が甘いカードローンといっている業者には要注意!

審査が甘いカードローンは危険

 

審査が甘い業者は存在しない

 

審査の基準、内容は原則どの業者でも、多少の違いはあるものの貸せないほど信用情報に問題がある方の貸してくれる審査が甘いところは大手や中規模の貸金ではまずありません。

 

パートか、アルバイト、正社員か派遣社員かなどと言った現在の勤務体系と、どのような業種に勤めているか、国籍はどうなのかなどを見て、限度額が上下する程度の違いで、審査が通るか落ちるかのジャッジを覆すほどの審査に対する違いがあると考えるのは危険です。

 

女性専用のレディースローンでも同様

 

この女性専用の借り入れシステムは女性のみが利用できるレディースローンという名前でサービスが存在します。

 

レディースローンは問い合わせや受付スタッフが女性スタッフであるという特徴があります。

 

その他の特徴は学生対象のローンなど収入の低い方でも利用できるようなカードローンの審査とほとんど同じです。

 

女性だからレディースローンの方が審査に通りやすいということではなく、プライバシーの配慮があるローンですよ!という企業側のPRであり、決して審査が甘いということではないので注意しておく必要があります。

 

 

銀行と消費者金融、どちらの審査が甘いのか

 

審査基準はどの会社に問い合わせても完全に社外秘となっているため確かめることは出来ません。

 

しかし一般的に、消費者金融は総量規制の対象であることからも銀行よりは審査が緩く、反対に銀行は審査が厳しいと言われていますよね。

 

総量規制が施行される前までは消費者金融はかなりの審査に通る幅が広かったので、ほとんどだれでも借りることが出来るということまで言う口コミすらありました。

 

使い方とすると急な出費、少額のお金を借りるなら消費者金融ですぐ借りて、短期で返済。

 

住宅ローン、マイカーローンなど大きな買い物の時に使うときは銀行で借りる時というように使い分けられていました。

 

しかし、総量規制が施行されてからは消費者金融でも収入の上限があるため貸付できる範囲がすこしだけ狭くなりローンユーザーとすると厳しい審査を受けなくてはいけないことになります。

 

同時に、銀行側も自らのカードローンサービスを積極的に打ち出すようになり、現在では審査においてはほぼ違いがないと考えてもよいでしょう。

 

また、銀行は保証会社という専門の審査を通さなければなりません。

 

銀行の場合は社内審査と保証会社の審査の二つに通る必要があります。

 

一方、消費者金融だと社内審査に通過できれば融資できます。
ですが、審査の基準は昔ほど甘いとは言い切れません。

 

 

現在「審査が甘い」と宣伝する業者には十分に注意してください

 

以上のことから、現在では審査の甘い、誰にでも審査が通るカードローンはなく、考え方とすると審査が甘い業者は一つも無いと思っていたほうが健全でしょう。

 

もし、誰でもOKなど、借りやすさを全面的に打ち出すような業者は、闇金の可能性が極めて高くなっています。

 

闇金は絶対に利用しないでください。

 

その理由は、闇金となると法律のことなどは一切関係のない貸付金利と脅しや脅迫、追い込みとった取り立ても違法に行うことが明らかです。

 

そこまでして借り入れするのはリスクが高すぎます。

 

違法業者の闇金で借り入れするくらいであれば、働いたり、節約したり、はたまた借金の整理をしたりとほかの手段を考える時期に入っています。

 

 

家族単位での返済能力

 

ちなみに、専業主婦の方だと借りるのが難しいと言われていますが、それはやはり借りる本人に収入が無い=返済能力が無いと捉えられてしまうためです。

 

審査においては何よりもまず「借りる人の返済能力」を確かめます。

 

ですので、配偶者に安定した収入があるかどうか、配偶者がすでにキャッシングをしていて借金を抱えているのではないか、という点は必ず見る必要があるとされています。

 

専業主婦の方は基本的に審査が厳しく、限度額も低いところしかないと考えるべきですね。

 

総量規制外の銀行ローンに申し込んでみて審査落ちが複数にならないように注意しましょう。