出産前に立てた子育てプランが上手くいかなかった体験談まとめ

出産前に立てた子育てプランが上手くいかなかった体験談まとめ

思い描いたプランが上手くいかなかった経験

 

妊娠中に立てた子育てプランが思い通りに行かずに困った・苦労した体験談を紹介しています。

 

 

 

 

「子育ての苦労」に関する体験談

出産前から子育て情報を調査し、先々まで綿密な育児プランを立て準備万端で出産を迎えた新米パパママ。
しかし実際の子育ては、育児書や他の人の成功例通りにはいかないもの。
プランどおりにいかずバタバタとしている中で、私達の子どもは他の子どもとは違う、独立した人格を持つ一人の人間である、ということに初めて気付かされる。
このような失敗体験は、真面目に真正面から子育てに向き合おうとする熱心な親に多く見られるようです。

 

 

「金銭面での苦労」「想定外の出費」に関する体験談

出産内祝いや赤ちゃん用品代など、出産後は何かと想定外のお金がかかる時期です。
そこに加え、妊娠〜出産前後ははお母さんの病気や怪我の多い時期。
体調の問題から予定より早く産休に入らざるを得なかった、退職を余儀なくされたなど、収入減が重なってしまうといったことも。
さらに、家事ができず出費がかさんでしまったり、入院をしなければならなくなったりなどの予期できないトラブルが多々あります。
頼りの各種手当金も、申請から振込までは間があるため、いざという時の備えは必須です。

 

 

「幼稚園」「保育園」に関する体験談

希望通りの時期・場所で保育園に子どもを入れることができず、仕事復帰がかなわなかった…。
人気の幼稚園・小学校に入れることが出来なかった…。
このような、近年社会問題化している待機児童問題や、一部幼稚園・小学校への人気集中による競争激化の問題で、描いていた育児プランの通りにいかなかった体験談をご紹介しています。

 

 

「体調不良」「精神面の不調」「情緒不安定」の体験談

女性の体は妊娠を境に、赤ちゃんを迎え入れ育てる態勢を整えるために、心身が大きく変化をします。
そのため、妊娠〜出産後は免疫力の低下やイライラなどの情緒不安定な状態に陥りやすい状態でもあり、ママにとっては想定外の心身トラブルが起こりやすい時期であるという一面があります。
また、待ち望んだ子どもができた!という嬉しさから夫婦ともに舞い上がってしまう『マタニティハイ』と呼ばれる現象もあり、育児プランやライフプランの形骸化に繋がってしまうといったケースも。

 

 

「出産時のトラブル」の体験談

食事が美味しいきれいな病院で、無痛分娩で…など、出産のプランを立てていたのに、逆子や切迫早産などの要因で描いていた出産ができなかった…といった体験談をまとめています。
想定外の帝王切開出産、出産予定日を大きく前後してしまうなどの場合は、母子の体調や金銭的負担などの面から、その後の育児プランにも大きく影響を及ぼしてしまうことも。

 

 

「産育休」「仕事復帰」に関する体験談

体調の問題や会社の都合などで予定通りに産休・育休がとれなかった、事前のプランどおりに仕事復帰がかなわなかった、などの体験をご紹介しています。

 

 

「家族間・親戚間のトラブル」の体験談

子どもが産まれたことによる人間関係の変化などが原因で周囲と軋轢を生んでしまった、といった体験談をまとめています。

 

 

 

 

 

 

【アンケート調査】出産前に立てた子育てプランが上手くいかなかった体験談まとめ記事一覧

悪阻でダウン。妊娠後期に金銭的負担が一気に去年の10月に出産して現在8ヶ月になる女の子を育てています。育児をマイペースにしたかったので産休は取らずに仕事を辞めて育児に専念しました。妊娠、出産前は必要なものは妊娠中に少しずつ揃えて一気にかかるお金の負担を減らそうと軽く思っていたし、出産費用は出産助成金でまかなえるのでとあまり深く考えていませ...
詳細を見る
目標の額が貯まる前に、予定より早く産休に私は妊娠9ヶ月まで仕事をして、その後産休と1年の育児休暇に入る予定でした。しかし、妊娠7ヶ月の頃腰を痛めてしまい、仕事にドクターストップがかかってしまい、予定よりも早く産休に入ることになりました。しかし、産休の決められた日数以外は無給で、予定よりも早く、私のお給料が払われなくなるという状況になってし...
詳細を見る
妊娠判明の直前のタイミングで配置換え妊娠を考えた時点で産後も仕事は辞めずに続けたいと考えていたので、契約社員から正社員へ雇用形態を変えて育休・産休を取得しやすい環境を事前に整えていました。まず第一の誤算は妊娠発覚の直前に配置換えがあり、すべての処理を一人でこなさないとならない業務の担当となってしまったことです。業務量が膨らみバタバタと日々...
詳細を見る
育児休業・時短勤務を利用して余裕のある子育てを出産前の子育てプランは、「子供が1歳を越えるまでは育児休業を取得して子育てに専念」でした。子供のいろんな初めての事ができる瞬間の多くに立ち会いたかったのです。例えば、初めての寝返り、初めての一人座り、初めてのハイハイ、初めての伝い歩き、初めての一人歩き等。1歳を超えたら、まずは会社の時短勤務制...
詳細を見る
5つの育児プランを立て、準備万端で出産私は、36歳で妊娠し、37歳で出産しました。高齢出産でしたから、出産後どうしたらよいか、計画はきちんと立てていました。出産前に考えていたプランは、五つほどありました。一つ目は、近くに頼れる身内も親戚もいないので、出産後は一人で育児をしていかなければなりません。そのため、事前に必要な育児用具をすべて用意...
詳細を見る
育休から復帰も公立保育園は「ひとり親家庭優先」長女出産の際に希望通りに保育園に入園することができなかったこと、更に会社でキャリアを積むことを考えてましたが退職することになり、プラン通りにいかずに苦労しました。出産前は大手電機メーカーの正社員として勤務しており、産休および育児休暇を取得。子供が1歳にの誕生日に復帰することが決まっていました。...
詳細を見る
妊娠後期になって逆子が判明当初通常の分娩を想定しており、里帰り出産も特に何も考えておらずただただ近くの産婦人科に通い普通に出産できると思っていました。しかし、妊娠36週になり、突然の逆子。エコー画像を確認しながら焦る看護師さん。逆子になると強制帝王切開だということで、38週で手術の手配をしなくてはならない!とのこと。人気のある病院だったの...
詳細を見る
身体を休めるつもりで里帰りしたのに私が苦労したことは大きく分けて3つあります。まず1つ目に、身体を休めるつもりで旦那の実家に里帰りしたものの、結局退院した翌日朝から洗濯をする羽目になったり、外出は控えた方が良い期間(出産から1ヶ月以内)に連れ出されたりしたこと。洗濯に関しては、赤ちゃんの分だけ別で洗濯するからという理由だったのですが、これ...
詳細を見る
出産前は、早く子供と楽しく幸せな時間を過ごせると思い込んでいて、早く会いたいなとしか考えていませんでした。お金に関しても、赤ちゃんだし、ご飯も母乳だし、おむつも布おむつを使おうと思っていたので、そんなにかからないだろうと思っていました。ですが、全てが想像以上でした。待ち望んだ子供との時間も、予想外の出費が重なりまずお金です。お金はそんなに...
詳細を見る
保育園で飲まず食わず眠らずの我が子出産から9ヶ月後に復職しました。本来ならば、子どもが1歳になるまで育児休暇が取れるのですが、4月に入園しなければ、待機児童になる可能性が高いので、ちょっと早めに復職することに。これは、出産前から考えていた事なので、育児休暇中に粉ミルクにも慣れさせて、離乳食も進め、準備万端!…のはずでした。しかし、入園した...
詳細を見る
ママ離れできない子で自分の時間がつくれず思った通りにいったことなんて何一つ無いんじゃないでしょうか。夫にも積極的に関わってもらおう、当り前じゃないか、ぐらいに思っていましたけど、実際にはほとんど家に居ませんから、子供のお世話は100%自分でやることになるんです。休みの日でもやっぱり自分でやった方が慣れていてスムーズにいくからやってしまうん...
詳細を見る
本を参考に離乳食を作るも、食べてくれないわが子私のこれまでの子育てて、理想通りにいかずに苦労したのは離乳食です。もともと料理は好きな方なので、離乳食を開始したときは手間もそこまで負担に思うことなく、すりつぶし粥などすり鉢で作ることにも楽しみを覚えていたほどでした。しかし、私の誤算は、子どもが離乳食を食べてくれなかったことです。離乳食の本を...
詳細を見る
無痛分娩で有名な病院での出産を決めたのに出産前の予定と違ったのは出産でした。いつか子どもを授かる事が出来たら、近所で無痛分娩で有名で、食事も美味しくてお城の様な綺麗な外観の病院で産みたいと憧れていました。無痛分娩を推奨している産婦人科は意外と少なかったのもあり、徒歩圏内にあるなんてラッキー。妊娠した時は迷わずその病院に決めました。順調に妊...
詳細を見る
高齢出産で産後の体調回復に遅れ高齢出産だったのでが、私自身はそのことをあまり気にしていませんでした。雑誌を見れば、経験値や経済面で若いお母さんよりも良い面があると書かれていたりしていたので、納得しながらの妊婦時代でした。いざ出産を終え、周りのママさんとお話しすると、まず思ってる以上に自分の体調の戻りが遅かったことに始まり、おむつ替えの多さ...
詳細を見る
幼稚園近くの家を購入したのに今現在住んでいる家を購入する際、決め手の一つに「幼稚園が近い」というものがありました。家の裏門から幼稚園の門まで1分もかからず、また園庭も家の窓から覗くことが出来て、将来子どもが入園することになったら安心だねと主人と喜んでいました。ところがいざ子どもが生まれて、その子が来年入園という年になって園の情報を集めだす...
詳細を見る
切迫早産で入院、34週で出産妊娠中のことになりますが、第一子の妊娠中、34週で切迫早産で破水してしまい、緊急入院となりました。予定日前後に生まれるものと考えていたので、夜中に破水した時も尿漏れと破水の区別がつかずしばらくたってから病院へ電話し、病院で検査を受けて絶対安静の入院となりました。一日目は張り止めの点滴を受けて安静で過ごし、二日目...
詳細を見る
働きに出るつもりが子育てで手一杯に子供を産む前はバリバリの働きウーマンで、稼ぎも女性では良い方だったと思います。働くのが好きだったので、子供を産んでもすぐに働きたいと考えていました。ですが、体力仕事の職場で突然の妊娠発覚に周りは歓迎ムードではなく、体の事を考えると保証出来ないと言われてしまい、今でいうマタハラの様な感じで発覚と同時に退職と...
詳細を見る
出産直前に離婚。たくさん愛情を注いで育てようと思っていたのに私は出産直前に離婚しました。子どもが生まれたら父親がいない分、たくさん愛情を注いで育てていこうと思いました。しかし現実はそうはいきませんでした。片親なのでその分、働かないといけないので朝から夜遅くまで仕事をしていました。幸い実家に住んでいたために母や妹に保育園の送り迎えもやっても...
詳細を見る
子どもを可愛がる彼を見て幸せな結婚生活を予感現在の夫と交際していた時に、結婚を意識する瞬間がときどきありました。それは、夫が姪っ子と甥っ子を可愛がっている姿を見た時です。彼自身が子どもたちを好いていただけでなく、子どもたちも彼のことが大好きな様子でした。そこから家庭的な印象を受けて、この人と家族になれたら楽しそうだと考えるようになりました...
詳細を見る
自然派育児に憧れ子育てに限らず、私の人生はプラン通りにいかないことだらけです。私は出産前は、自然派育児をする!と心に決めていました。そのきっかけは、海外で留学していた時にお世話になったホストファミリーの影響です。そのホストファミリーは自然派育児を絵にかいたような家族でした。自分の家は自分たちで木で作り、子供は布おむつで育てる。食事前はしっ...
詳細を見る
「3時間も寝れれば大丈夫」実際は半分も寝られず初めての妊娠のときでした。臨月になったころからお腹の張りや頻尿で長時間まとめて寝ることができなくなっていて「いよいよ出産の準備を体がしているんだな」と思っていました。育児書には『新生児は3時間おきに授乳をします』と書いてあったので3時間も寝れれば余裕!寝不足なんかにならない!と思っていました。...
詳細を見る