N.Iさん(30代)の体験談/出産当時34歳

 

妊娠後期になって逆子が判明

当初通常の分娩を想定しており、里帰り出産も特に何も考えておらずただただ近くの産婦人科に通い普通に出産できると思っていました。

 

しかし、妊娠36週になり、突然の逆子。

 

エコー画像を確認しながら焦る看護師さん。

 

逆子になると強制帝王切開だということで、38週で手術の手配をしなくてはならない!とのこと。

 

 

人気のある病院だったので、手術の予定がかなり先まで埋まっていたようで、無理矢理予定を組んで頂いた。

 

とはいえ、自然分娩で出せる努力はしようということで、逆子体操を教わり、なんとなく行う。

 

その甲斐あってか、次の週のエコー検査では普通の状態に戻っていた。

 

逆子は治ったが、今度は予定日になっても陣痛が来ない

良かった良かった、と思っていたのですが、40週になり、そろそろ陣痛なるものがくるのかなぁ?と、ドキドキ。

 

破水したらどうしようとか出血したらどうしようとかオロオロしていたが、予定日になっても生まれそうな気配がない。

 

 

病院で医師と相談し、陣痛促進剤を入れて出産を促す事に。

 

子宮口が全然開いていなので、風船を入れて広げる処置を行うとのこと。

 

陣痛促進剤の導入も同時に行われ、生理痛みたいな痛みがちくちくと下腹部にし始める。

 

風船はじわじわ広がっていくものらしく、夕方から入院し風船を入れて次の日の朝まで待機。

 

 

次の日の朝、風船は自然と抜け落ち、一緒に出血が!診察してもらうと少し子宮口が開いて来たので、陣痛促進剤のみの導入が始まる。

 

生理痛の強い痛みが波のように押し寄せては引き、これが陣痛なのかなぁ?という感じで暫くまつ。

 

お腹には赤ちゃんの心音を聴く機械が取り付けられていて、ものすごい速さで心拍が鳴っていた。

 

部屋でじっとしていると突然看護師が慌てて入って来て、赤ちゃんの心拍が落ちているとのこと!一旦陣痛促進剤の導入を止める事に。

 

急激に子宮に刺激が加えられた事で、赤ちゃんが驚いてしまったのだろうか。

 

陣痛促進剤も出産に際し、危険もあるとのことで少し心配になった。

 

陣痛促進剤も効果なく、帝王切開に

結局その日も生まれる気配もなく、次の日医師から帝王切開の申し出をされる。

 

少しだけ広がっていた子宮口が閉じてしまっていた事と、赤ちゃんの心拍が陣痛促進剤によって一時的にでも下がってしまった事などが理由として挙げられた。

 

当初普通分娩の予定だったので、呆然としていたが、あまり時間の余裕も無くすぐに手術する事になった。

 

 

下半身麻酔で下半身が冷たくなったなーとおもったら、体をグイグイ動かされ、内蔵をつかみ出される間隔とともに赤ちゃんが出て来た。

 

(以外にあっさり出て来た。)

 

術後の体の辛さから産後鬱に

手術自体は負担は無かったが、帝王切開は何より後がつらい。

 

知らなかったので、完全に手術をなめていた。

 

腹部を切開しているので腹筋が使えない。

 

起き上がる事もままならない。

 

それでも生まれてすぐに初乳を与えなくてはならず、これがかなり辛くてきつかった。

 

帝王切開をしたにも関わらず、リクライニングのついていない普通のベッドに寝かされていたので、起き上がる事ができず本当に辛かった。

 

 

また、当初母乳で育てていこうと思っていたが、私の場合手術後の痛みでまったく授乳できず、結局完全ミルクにする事に。

 

病院側に母乳で育てると伝えていた為、毎時間別々の看護師がやって来て、無理矢理授乳を行わされ、当初の出産プランと違う展開になったのにもかかわらず、相談も無しにただただプランを遂行しようとしていてかなり腹が立った事を覚えている。

 

 

私の場合、5日間で退院ということもあり、体が治っていないのに家で一人で生まれたての赤子と過ごすというプレッシャーから産後鬱も酷く、最初の1ヶ月は食欲も落ち、子供が怖くて、夜何度も起きる子供に寝不足になりながら毎日を不安に過ごしていた。

 

出産前はもっと楽しく幸せに過ごせると思っていたのに。

 

とはいえ、2ヶ月、3ヶ月と月日が過ぎると、赤ちゃん自体の表情や動きで色々な事が分かるようになり、次第に愛情が芽生えてきて、今ではとても愛おしい存在で、毎日が幸せである。

 

 

最後に、次に出産する時は最初から里帰り出産にし、退院も2週間以上滞在できる病院に行こうと決意しています。

 

口コミで評判の病院だったが、私にはまったく合わない病院でした。

 

かなり後悔しています。

 

最終的な費用も国からの42万円を出しても実費でプラス60万円支払ったので、かなり高額だったと思う。

 

とりとめもない文章で大変失礼致しました。

 

 

 

 

普通に出産のつもりが…逆子に出産予定日超過とトラブル続きで結局帝王切開分娩に関連ページ

悪阻による育児準備の遅れ、任意の予防接種…余裕を持って取り組んだはずの育児準備に誤算
余裕を持って育児に専念したかったので、妊娠を機に仕事を辞めて専業主婦に。ところが重症の悪阻で身動きがとれず…
内祝い、ミルク代、手当の減額…想像以上の支出と予定外の出費で生活は苦しく
出産ギリギリまで働いてから産育休に入る予定が、腰を痛めて早々にドクターストップに。早まった分は無給となってしまったところに加えて…
準備万端で臨んだはずが…無能な後任のせいで産育休を大幅に前倒しして復帰する羽目に
出産後も仕事を続けるため、産育休を取得しやすい環境を事前に整えておいたのに、後任が仕事ができず産休中にもかかわらずたびたび出社する羽目に。
生活費はカツカツで十分な育休を取れず、時短勤務の利用も断られ…バタバタした子育て生活に
育休を取得して1年半は育児に専念、その後は時短勤務で子供との時間を大切に、と思っていたのに実際はどれもうまくいかず…
出産前に私が立てた5つの子育てプランがことごとく上手くいかずに苦労した話
36歳で妊娠。高齢出産のため、出産後の綿密なプランを立てて準備を整えていたのに、実際はことごとく計画通りにはいかず…
出産後もバリバリ働くつもりが、希望の保育園に入れず苦労…最終的には退職を決意
出産に際して産育休をを取り、子供の1歳の誕生日に復帰することに。9月の出産後すぐに公立保育園の申請を行ったのだけれども…
産後は体をゆっくり休めるつもりだった私、3つの誤算で出産直後からばたばたし通しだった話
里帰り出産をしたものの全く安静に出来なかった、急な引越しで手続きに追われた、待機児童問題で社会復帰が遠のいてしまった、という誤算が重なり…
紙おむつ、手作り離乳食、可愛い服におもちゃ…予定外に買い込んでしまい文字通り「誤算」に
母乳と布おむつで育てるつもりだったのに、最初の1ヶ月で辛くなり紙おむつに。少しでも安心安全なものをと高い品を買い求めているうちに…
保育園に入園した子どもが飲まず食わず眠らずの三大ストライキ!昼休みに保育園通いを余儀なくされた話
復職に向けて、育休中に子どもを保育園に入れる準備を着々と進めていたのに、入園した子どもはミルクを飲まず、お昼寝もせず泣き通し…
子供は「手のかかる一人の感情ある人間」であるいうイメージが持てず…産まれてからのギャップに苦心
育児には夫にも積極的に関わってもらおうと思っていたのに、実際は夫は家にほとんど居ないため自分で全てやることに。やがて子供の人見知りが…
手製の離乳食を口にしない我が子が…育児書通りにはいかないと実感
もともと料理好きの私、子どもが離乳食期に入った時も手間とは感じず、作ることに楽しさを覚えるほど。でも肝心の離乳食を子どもが口にしてくれず…
無痛分娩での出産のはずが…逆子と診断され帝王切開での分娩に…
近所の食事の美味しさと無痛分娩で有名な病院に憧れていて、妊娠の際に迷わずそこへ。しかし逆子と診断。色々手は尽くしたけれど結局帝王切開となり…
高齢出産で初めて気付いた、世のお母さん達の凄さ、そして我が子が笑ってくれている幸せ
高齢出産であることを自分ではあまり気にしていなかったけれども、実際に出産を終え周りのママさん達と話をすると、体調の戻りや体力面での差を実感…
幼稚園の近くに家を買ったのに…倍率5倍の人気園と知らず抽選落ち、遠くの園に通わせる羽目に
家を購入する際の決め手の一つが「幼稚園が近い」こと。子どもができても安心だと思っていたのに、いざ生まれてみるとそこが超人気園と判明…
副作用が嫌でお腹の張り止めの薬を飲まず切迫早産に…出産は自分一人の事ではないと痛感
切迫早産で34週で破水してしまい緊急入院。数日後に出産も過呼吸で保育器へ入ることに。授乳の3時間おきにしか我が子の顔を見ることができず…
妊娠判明と同時に解雇!働きたいのに無職での保活はうまくいかず…
働くのが好きだったのに、妊娠発覚と同時にマタハラ同様の扱いを受け退職に。産まれたらすぐに次の仕事に就いて働こうと思っていたのだけれど…
仕事に追われ子どもとの関係がギクシャク…片親だからこそ大事にと思っていたのに
出産直前に離婚、父親が居ない分たくさん愛情を注いで育てるつもりだったのに、仕事に追われて子どもとの接点が希薄に。ギクシャクとした関係に…
出産後に優しい夫が豹変!夫婦を苦しめた「男性の産後うつ」
交際中に子どもを可愛がる彼の姿を見て結婚を意識、子煩悩な夫になると思っていたのに、いざ結婚、子どもが産まれると人が変わったように冷たい人に…
家族仲良く頑張るはずが…少しずつ歯車が狂い、夫と別居から警察の保護を受けることに
留学時のホストファミリーに影響を受け「自然派育児を!」と決意、手始めに布おむつで子育てを始めてみたものの、一度使った紙おむつの楽さに…
育児書はいいことしか書かない?鵜呑みにしてギャップにショックを受けた経験談
初めての出産、育児書の「3時間おきに授乳」という言葉を読んで「3時間も寝られれば余裕!」と思って構えていたけれども…