専業主婦の借り入れ限度額について知ろう

専業主婦の借り入れ限度額について

専業主婦の限度額

 

借入限度額は審査の結果に直結して決められるため、一概に限度額は○○円ですと言うことは出来ません。

 

専業主婦の限度額に関して説明すると、どれくらいまで貸してもよいか、どれくらいまでなら借入した人が返せるのかに直結するということですので、多くの審査への影響があるのは夫の収入の額です。

 

 

たとえば、使う用途なども含めて、カードローンを利用すると夫の了承をしっかり得ている場合や、夫に電話確認や在籍確認が出来る場合なら、夫が借りているのとの年収の3分の1程度の借り入れが出来る場合があります。

 

これは「配偶者貸付」という方法です。

 

また反対に、夫には完全に内緒で、専業主婦本人の審査のみで借金をする場合限度額はかなり制限されます。

 

一般的には100万、300万円の限度額ですが、専業主婦の方だと30万円や50万円ほどになることが少なくありません。

 

具体的な内容だと、「三菱東京UFJ銀行」では30万円までが限度額として設定されています。

 

 

そもそも、専業主婦の方の収入はあくまでも夫のものであり、借りる人の収入が無収入状態である専業主婦は審査の属性あまりよくないために、借り入れできる金額が少額になりやすいのです。

 

また、すでに他社から借り入れをしている場合や返済を滞納した経験があるという時には利用するのが非常に難しくなります。

 

ただし、カードローンと一口に言っても銀行系や信販系などに別れているうえに、信用情報を管理する機関もいくつかあり、情報が共有されていない可能性もわずかながらありますので、完全に利用できないとは言い切れないのは事実です。

 

ですが、やはり専業主婦の方だとどうしても限度額は低くなってしまうものですので、気をつけてください。

 

まとめ

 

専業主婦の職業条件で大口(多額)の借り入れをすることが難しいと考えることがベストです。

 

100万円以上、50万円以上の借金をどうしてもしたい場合は、旦那様と相談して、旦那様名義で審査をすることをお勧めします。