保証人と連帯保証人の違いの基礎知識

安易な名前貸しは厳禁!保証人と連帯保証人の違いとリスクについて

 

担保、保証人の必要な理由は、借金の返済が滞ったとき、現金の代わりに差し出すもののことです。

 

 

担保について

 

これは担保の価値を上限と定めることが多く、たとえば家、土地などの不動産を担保にする場合売却価格が2000万円ほどと見込まれた場合はその額と同じ、2000万円まで借りられるとイメージしてください。

 

質と似ていますが、質はほぼ売却のようなもので品物をいったんは手放さなければなりません。

 

担保は借り入れをしていても住み続けたり、使い続けたりできる部分が異なります。

 

 

保証人と連帯保証人の違い

 

保証人を立てる時はその保証人が本当にその人の代わりに支払える能力があるのかがポイントとなります。

 

保証人には二通りがあり、通常の保証人と連帯保証人の二つがあり、この二つは似ているようで全く違います。

 

保証人は返済を断ることが出来る=債務者に直接取り立てるように伝えるだけ。

 

さらには何らかの財産差し押さえの際にも断ることが出来、債務者の財産を差し押さえるよう伝えられるだけです。

 

 

その一方で、連帯保証人は債務者と同等の保証債務を負うことになります。

 

つまり、債務者と同じく、債権者の取り立てがあれば返済義務が発生し、財産を差し押さえられる可能性があるということです。

 

たとえ債務者が支払いを続けていたとしても、債権者が連帯保証人に支払いを要求した場合、それを拒否することは出来ません。

 

さらに連帯保証人が複数いたとしても、額を頭割りにはせず、義務が生じた額を全員が全額支払わなければなりません。

 

テレビやドラマなどでよく言われる「借金の保証人になってしまった」というようなことは連帯保証人のことを指しています。

 

借入時に連帯保証人担ってもらうように頼むのは人間関係に決定的な亀裂を生みかねません。

 

 

以上、保証人についての基礎知識編でした。