クレジットカードとカードローンの違いとは?

クレジットカードとカードローンの違いとは?

キャッシングとカードローンの違い

 

カードローンにはいくつかの種類があり、大まかに分けて業者の違いと借りられる人の違いが存在します。

 

業者では銀行、クレジットカード会社、消費者金融の3つ
借りられる人では、個人事業主と法人、そして個人の3つで違いを分けます。

 

これらは全て、借りられる限度額とその金利、借りる際に必要な担保、保証人に違いがあります。

 

一般的には銀行が最も高い限度額になっており、クレジット会社と消費者金融は同じ程度の低い限度額です。

 

通常であれば金利はクレジットカード会社の個人を対象にしたものが最も高いとされています。

 

主婦の方がカードローンを利用する場合は借りられる範囲がとても狭いため、種類で悩むことほぼありません。

 

利用用途

 

主婦の方が家計の足しにする、急な冠婚葬祭の費用にするという時に便利なのは、個人を対象にした無担保カードローンがメインとなります。

 

基本的にパートなどをしている兼業主婦が借りやすく、専業主婦は収入が無いためどちらかと言うと借りにくくなっているので気をつけてください。

 

 

消費者金融や銀行のカードローンとクレジットカードの機能の違い

 

カードローンとクレジットは似たような外観で機能も同じような感覚ではいませんか?

 

「クレジットを作ろうと思ったらカードローンだった」
なんてことが無いよう、機能についてしっかりとチェックしてください。

 

まず大きな違いが、クレジットのショッピング枠は現金を手元に置くことは出来ませんが、カードローンは現金が引き出せるというものです。

 

機能の違いは、クレジットカードは支払うお店に対してお金を払う時に使うものですが、カードローンは現金がATMから引き出せるのです。

 

クレジットカードの返済は締め日が決められており、それまでに使った総額をある決まった日に引き落とされます。
一方カードローンは返済期限内の、返済できるようになった時に自分で返済することも可能な借り入れ方法です。
もちろんカードローンでの引き落とし日があるものもあります。

 

ですので、お金を借りるという表現になるのはカードローンが正しく、クレジットカードのショッピング機能は借りる感覚が薄くなるでしょう。

 

しかしクレジットカードも引き落とし日に銀行口座にお金が無いと返済ができなくなるという点では一時的に借りていることと同じになるので注意が必要です。

 

 

クレジットカードに付帯するキャッシング枠について

 

特に高額の枠が設定されたクレジットカードを契約した際に、「キャッシング枠」という機能がショッピング枠と同時に付帯する場合があります。

 

このキャッシング枠は一般的に、指定の限度枠の範囲内であれば何度でも、コンビニや金融機関・ATMで現金を引き出すことができるという機能です。

 

使用のイメージとしてはカードローンとほぼ同様ということになりますが、キャッシング枠はカードローンと違い利用目的を制限していません。

 

そのため、カードローン比べて金利が高い設定である場合がほとんどです。

 

また、返済方法などの面でもカードローンと比べて融通が利かない場合が多く、あくまで緊急用と考えた方がいいでしょう。

 

 

まとめ

 

この二つは意外と大きく違うのですが、まだまだあいまいに表現されることが多くあります。

 

自分に必要なものをしっかりと考え、検討してから利用しましょう。