カードローンの保証人・担保はいらない!保証人なしのメリットとデメリット

カードローンの保証人・担保はいらない

カードローンの保証人・担保はいらない

 

カードローンは保証人が不要なローンで、無担保・無保証人が強みになっているローンです。

 

中にはカードローンでも保証人・担保を要求される特殊な場合がありますが、原則としてカードローンの利用には保証人、担保は必要ありません。

 

これはなぜかと言うと、信用貸しというシステムが確立したためです。

 

信用貸し

 

信用貸しとは、単純に申し込みをした人の「信用」を担保にお金を貸すというシステムです。

 

分かりやすく言うと、ずぼらな態度で約束もろくに守らない、うそなのか冗談なのか分からないことをよく言って困らせる人と、とても誠実で約束はしっかりと守れるという人、お金を貸してもよいのはどちらの方でしょうか。

 

と言うことを考えたらおのずと後者になると思います。

 

後者に貸しても良いと思えるのは誠実で、約束もちゃんと守ってくれるという「信用」があるためです。

 

カードローンでもこれと全く同じシステムが採用されており、貸したお金はしっかりと返してくれるだろうという人に貸すのが信用貸しです。

 

保証人が要らないことで得られるメリットとデメリット

 

保証人が不要と言うことは、当たり前ですが完全に一人で完結できます。

 

保証人が必要だと、保証人に色々と契約書を書いてもらう必要があるのももちろん、保証人になった人に所得を証明する書類を用意しなければなりません。

 

そういったことをせずとも利用できるのはカードローンならではのメリットになります。

 

しかし、内緒だからこそトラブルになることもあり得ます。

 

保証人なしのカードローンは借り入れ限度額が低く、一度にたくさんの借金をすることは難しいですが、限度額が低い分金利が高く、返せなくなってしまうことも考えられます。

 

これは度にたくさんのお金が必要の大口融資となった場合、無保証人のカードローンを利用するのはおすすめできません。

 

保証人や担保が必要なローンを銀行で相談する方が低金利で借り入れすることができ、毎月の返済額や、返済総額も減るため安心です。

 

また、主婦の方でもパートをしていない方などは審査が非常に厳しく、場合によっては保証人を用意しなければ審査に通らないことがあります。

 

保証人が不要と言うことは、審査の段階で返せる能力がある人と証明出来なければなりませんので、専業主婦の方だとどうしても難しい可能性があります。

 

しかし、大手の業者ではそのような方でも利用できるところも存在していますので、利用を検討しているときは確認してみてください。

 

利用する際は計画的に、賢く利用するようにしましょう。