カードローンの申込から審査、借りるまでの詳細な流れ

カードローンの流れを確認しよう

カードローンの流れるについてどのようなことがおこるのかを知っておくためのページです。

 

実際に利用するときの申し込みから借りるまでの流れなど、具体的にご紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

 

主な流れはこのようになります。

  • 申込スタート・仮審査
  • 本審査
  • 本契約
  • カードを郵送もしくは窓口、ATMなどで受け取り
  • カードをもとにATMからお金を引き出す

という流れになっています。

 

申し込み方法

 

カードローン申し込み

 

まず、カードローン業者に申し込みをします。

 

最近では、銀行や消費者金融の窓口だけではなく、インターネットでも申し込むことができ、人に一切知られずに利用を開始できるのでネット経由の申込が人気が高い申込方法となっています。

 

具体的に申し込み方法を挙げていくと以下の方法があります。

 

ローン申し込みの方法
  • インターネット
  • 電話
  • 無人のATM自動契約機
  • 有人のカードローン会社の店舗窓口

があります。

 

いずれかの方法で申し込みを済ませたら、申込の次のステップとして審査が通ったかどうかの連絡が来ます。

 

審査結果が来る速度は、最近はとても早いことを売りにしている会社が複数あります。

 

消費者金融キャッシングの場合、最短で30分という場所が多く、早いと言われるキャッシング会社は30分〜1時間程度で審査結果がメールや電話で来ます。

 

注意したいのは、「銀行」での審査結果の時間です。 

 

審査結果が早い銀行で「最短30分」の三菱東京UFJ銀行がありますが、このように早い審査結果の銀行はまれです。

 

多くの銀行は一営業日などが回答に時間がかかり、遅い銀行の場合は3営業日かかる場所もありますので申し込む前に注意が必要です。

 

審査

カードローン審査

 

審査には大まかに分けて仮審査と本審査の2つがありますが、カードローン業者の公式サイトにあるようなお試し診断や借り入れ診断は仮審査には該当します。

 

カードローン、キャッシングの利用には絶対に欠かせない審査ですので簡単にまとめて行きます、

 

仮審査と本審査の違い

 

仮審査はに記入した情報をもとに審査を行うもので「機械的」な結果が出ます。
一方、本審査は本人確認書類や信用情報をもとに人も介在して審査をするという大きな違いがあります。

 

ですので、仮審査では申し込みに必要な分の簡単な質問を記入します。

 

少ない場合は、3〜4項目で、生年月日や年収、他社の借入額、保険証の種類などです。
基本的に、仮審査を行うのはコンピューターによる自動審査が大半です。

 

本審査は仮審査の後で、審査を受ける人の属性を調べます。

 

職業や収入、勤続年数、年齢、借り入れ履歴、居住年数、雇用形態、家族構成によって決められます。

 

この本審査時に限度額と適用される金利も決まるとされています。

 

本審査は仮審査と違って審査専門の部署にいる人が最後は一つ一つしっかりと確認していますので、虚偽申告があった場合や、申告に間違いがあった場合などの際には審査の結果に影響がでて、最悪審査に落ちてしまうことがあります。

 

ただ単に書き間違え、入力ミスだとしても、うそをついたと捉えられかねないので審査の際の情報入力には十分に気をつけてください。

 

また、本審査の時に、固定電話に電話がかかってきて本当にその住所に住んでいるかどうかの確認がある場合があります。

 

専業主婦の借り入れの際、旦那さんの方に電話が行くことはほとんどの場合ありませんので主婦の方でもご安心ください。

 

もし「旦那ばれ」は不安でしたら、そのカードローン会社に対して「旦那に知られないようにしてください」ときちんとカード会社の方に念を押してから申し込みをすると確実です。
※詳しくは各社のコールセンターに電話することをお勧めします。

 

契約

カードローン契約
必要書類に記入し、本人確認書類を渡しローンの契約をします。

 

ローン契約専門のATMなどに行く場合はその場でカードは発行されることがありますので、申し込みの際は「運転免許証」などの確認書類は持参しましょう。

 

ネットの場合は、「運転免許証」などを写真で撮ってメールで送信やアプリから送信するなどに対応しているカードローン会社もあれば(新生銀行レイク、アコム、プロミス)、対応していないために郵送、FAXでコピーを送るなど対応が分かれます。

 

また地方銀行の場合は、審査はネットで、契約は店頭でするなどネットで完結しない場合がありますので注意が必要です。

 

契約から借り入れまで時間がかかる可能性がある部分ですので十分に注意が必要です。

 

一部の銀行の場合この契約が終了しても、事務作業に数日かかるような場所もあり、契約が完了してからカードの郵送が行われやっと借り入れができるなんていうこともあります。

 

速さを求めるのであれば、当サイトの電話調査している場所がおすすめできますね。

 

主に新生銀行レイク」です。

 

現金を引き出す

 

現金を引き出す

 

手元にあるカードを持って提携しているATMに行き現金をおろしてみましょう。

 

振り込み融資OKの早いローンもあります

 

早い借り入れの方法にローンの契約を結んだあと、自身の銀行口座へ振り込みをしてくれるカードローンがあります。

 

最近は即日融資、最短30分審査などとうたっているところが増えてきて、当日借りることができる場所もあります。
※14時までに契約可能の方などの審査の時間条件があります。

 

ただし審査そのものの時間、そのあとの手続きにかかる時間などは、申込者の状況や属性、利用する業者によって大きく変わりますので選択する業者をよく選定する必要があります。

 

速度についてなど詳しく各カードローンに聞いていますのでTOPページをご覧になってください。