専業主婦・子育ての最新ニュース

アイスランドで30年間暮らし続ける61歳のシングルマザー 平成28年9月5日放送

 

日本から約8600km離れた極寒の土地アイスランドで暮らす61歳のシングルマザーに密着。

 

家庭の事情で生後わずか60日で親元を離れ、離婚、借金など、波乱万丈な人生を重ねてきた彼女。

 

30年前にアイスランドに渡り、子供のために懸命に生活してきた彼女の数奇な人生に迫る。

 

 

  • 出演:ユースケ・サンタマリア、新井恵理那、東貴博、上地雄輔、陣内孝則、たかのてるこ、渡部陽一
  • 放送局:テレビ東京
  • 放送日:2016年9月5日

 

 

 

アイスランドで過ごす日本人女性

北極圏に位置するアイスランド共和国のレイキャビクは世界で最も北に位置する首都。

 

そこから西に位置する郊外の町のアパートにに住んでいるのが山田まゆみさん(61歳)。

 

1986年にアイスランドに移住、人生の半分をアイスランドで過ごす。

 

「何もかもが楽しい」と話す彼女は、27歳の息子とともに暮らす。

 

 

ある事情から今も多額の借金を抱える彼女は、自宅でもやしを作ったり、家財道具をリサイクル品や貰い物で揃えるなど、今も節約生活を続ける。

 

ホットドッグ店で520円の昼食をとるまゆみさん。

 

決して安くない額だが、これでも「アイスランドで最も安い外での昼食」と語る。

 

人との関係が上手く築けず、アパートの部屋に引きこもる息子

息子トレステさん(27)は今も人と上手く築けず、部屋に引きこもり生活をする。

 

「今回の取材を機に独り立ちしてくれれば」と話すまゆみさん。

 

しかし、その思いも虚しく、カメラの前に姿を見ず、部屋から電話越しで虚勢を張るトレステさん。

 

息子に母の思いが届く日はいつのことになるのか?

 

 

家での夕食を終えた深夜10時、おもむろに歯を磨き、化粧を始めるまゆみさん。

 

そのまゆみさんが車で向かった先は、郊外に位置する高齢者施設。

 

 

まゆみさんは夜勤の看護師として、この高齢者施設で働いている。

 

勤務時間は夜の11時から翌朝8時30分まで。

 

80人の入所者を抱えるこの施設で、医療行為の行えるスタッフはまゆみさんただ一人。

 

休憩をとる暇もないほど携帯がひっきりなしに鳴り続ける激務。

 

 

ある日の日中、まゆみさんが向かったのは洋服を扱うリサイクルショップ。

 

そこで探すのは、「つい目が行ってしまう」という息子トレステさんへの服。

 

その日は息子のために2000円のセーターを買い、店を後に。

 

帰宅後、息子が部屋に居ない隙を見計らい、そっとベッドの上にセーターを置くまゆみさん。

 

日中は母、夜は看護師として、日本から遠く離れたアイスランドで忙しく立ちまわる彼女の、波乱万丈な人生とは?

 

生後60日で両親と別離

1955年、一卵性双子の妹として秋田に生を受けたまゆみさん。

 

 

彼女の最初の転機は生後わずか60日目。

 

口減らしのため、同じ遺伝子を分けた姉と引き離され、親戚の家に預けられる。

 

 

預けられた先には10歳、6歳上の二人の姉が居たが、別け隔てなく扱われたという。

 

幸せな幼年期だったが、ただひとつ、同じ学校に通う姉と帰る家が違う、ということに違和感を感じていたという。

 

 

そのような違和感を感じていた中、勉学に勤しんでいたというまゆみさん。

 

このまま大学へ、という希望を持っていたまゆみさんだが、「上の娘二人も出ていないのに」との理由から、進学の援助は得られなかった。

 

「勉強できればなんでもいい」と考えた彼女は、当時人員不足から学費・寮費が無料の秋田の看護大学へ進学することに。

 

都会で就職も、冷たい周囲

無事、大学を卒業した彼女は、秋田を出て横浜の病院へ就職する。

 

しかし、田舎から単身で出てきた彼女を待っていたのは、同僚からの蔑みの視線。

 

悔しい思いをした彼女は、「人並みの幸せを」と見合いを重ねるようになるも、ことごとく断られ続ける。

 

挙句、「日本では難しい、外国(で見合いをした方)がいいのでは」とまで言われる。

 

家族の反対を押し切って結婚し移住も…

そんななか、旅行で行ったイギリスで、無口な芸術家肌のアイスランド人の男性と出会う。

 

やがて結婚を考えるようになるも、周囲の人間全員に反対される。

 

その反対を押し切って結婚、アイスランドへ移住する。

 

 

ところが、結婚と時を同じくして夫が失業、生活はまゆみさんの収入頼りとなってしまう。

 

「(長男のトレステさんを乗せた)乳母車を押しながら働いていた」と語るまゆみさん。

 

やがて次女の妙子さんが生まれるも、未だ定職を持たない夫との喧嘩が絶えない日々。

 

怒鳴り声が飛び交う家で、トレステさんは心にダメージを負い、引きこもってしまうように。

 

 

子供のことを考え、53歳で離婚を決意したまゆみさんは、2人の子供を引き取りシングルマザーに。

 

ところがその直後、リーマンショックが引き金となりアイスランド経済危機に見舞われる。

 

国内主要二行が破綻したアイスランドは経済的大混乱に陥り、金利が劇的に上昇。

 

家と車のローンを背負っていたまゆみさんにも影響が直撃し、多額の借金を負うことになってしまう。

 

 

家を手放し、20回も引っ越しを余儀なくされたと語るまゆみさん。

 

その間には、息子と二人安宿を転々とするホームレスも経験したとのこと。

 

58歳にして家をローン購入

そのような暮らしを経て、58歳の時に家を購入したまゆみさん。

 

「一番安い家を探した」と語るまゆみさんは、今もそこで息子と二人で生活し、ローン返済の為に昼夜を問わずフル回転の日々を送っている。

 

今一番の心配は、27歳の今も引きこもり生活を続ける息子トレステさんの事だという。

 

「なんとか自立を」と話す彼女の気持ちが息子に届く日は来るのだろうか?

 

後日譚

後日、取材スタッフにまゆみさんから連絡が。

 

内容は息子トレステさんのこと。

 

「トレステさんのアパートが見つかり、引っ越すことになった。本人は自立に向けてやる気になっている」ということだ。

 

 

「私は子離れ、息子は親離れする時期が来ている」と語ったまゆみさん。

 

「今が人生で一番幸せ」と語る彼女の顔は、安堵の表情に満ちていた。

 

 

 

 

世界ナゼそこに?日本人『アイスランドで30年間暮らし続ける61歳のシングルマザー』9月5日放送関連ページ

きょうの健康『妊娠中に気をつけたい薬』10月19日放送 NHKEテレ1
普段の生活に密接に関わる健康問題について専門家が解説 今回のテーマは『妊娠中に気をつけたい薬』
明石家さんまの転職DE天職3時間SP『専業主婦から年収5億!さんまVS超有名ホテル女社長』10月10日放送 日テレ1
人は転職によって幸せになれるのか?収入は上がるのか?をテーマにした番組。今回の放送では専業主婦から転身した年収5億の超有名ホテル女社長を取り上げる
日本のいいところ再発見!世界が認めたニッポンのお宝 9月28日放送 テレビ東京
様々な国籍を持つ日本在住のママたちに『ニッポンのいいところ』や母国と日本との出産事情や子育ての違いをインタビュー。
ホンマでっか!?TV『結婚は本当に幸せなのか?』9月14日放送 フジテレビ
『結婚って本当に幸せ?』をテーマに、パネラーの芸能人がディスカッションを行う。「40歳以上の独身者が実は既婚者より幸福」という統計情報をもとに、各方面の専門家からのさまざまな意見も加わり、スタジオの議論は白熱。