専業主婦が借入するときの適応金利から、低金利と無利息期間を考えてみよう!

専業主婦が借入するときの適応金利から、低金利と無利息期間を考えてみよう!

専業主婦が適応金利から低金利に借りる方法
金利の決定には

  • 10万円の借入枠:18%
  • 100万円の借入枠:10%
  • 300万円の借入枠:5%

 

上記のように金利の決定要因は限度額によって決められ、本人が低金利を望んでも、審査時の枠で自動決定します。

 

限度額の枠が少ないと、金利が上がります。
限度額の枠が多いと、金利は下がります。

 

専業主婦の場合だと、返済能力が少ないと判断されるため、どうしても限度額の枠が少なくなるため、ほとんどの場合最高金利で利用しなければならなくなることがあります。

 

よくカードローン会社の金利記載に、5.0%〜18.0%などとありますが、専業主婦の方だと18%の最高金利が適用されやすいと考えるべきです。

 

よって、専業主婦が低金利で借り入れしたいと考える場合は最高金利に注目すべきです。

 

金利が決まれば月の返済額が簡単に計算できます。

 

式としては、借入残高×年率÷365日×利用日数、で利息が出せます。
例えば30日間で10万円を借りるとして、年率が18%だった場合は、10×18%÷365×30という式になります。

 

借りる金額によって利息の大小はありますが、金利が低い方が利息が少なくなり、お得に利用できることになります。
借りたい金額と、借りる期間と、金利の三つの視点からローン選びをしましょう。

 

 

それでは専業主婦ふがお得に借りる戦略について考えていきましょう。

 

無利息サービスと低金利のどちらが良いか

 

最近では低金利だけではなく、無利息サービスも出てきました。

 

ローン申し込みから一定の期間は、利息が無料(0%)というようなもので、この無利息サービスを行っている貸金業者は初めてその会社を契約するという方だけが対象になっていることが多いです。

 

 

無利息期間が終了したら、普通のカードローンと同じく決められた金利で借りることになります。

 

無利息期間が終了する前に完済したら利息を一切支払うことなく利用を終えることが出来ます。

 

上記より言えることは、短期で借り入れしてすぐに返せる!という自身のある方、返済の当てがある方無利息期間を使うべきです。

 

また、返済の当てはとくになく、ゆっくりと分割返済していきたいと考える方には無利息期間のローンサービスは向いていません

 

どちらを選べば良いかは、やはり完済できる時期をよく考えて申し込むべきですよ!

 

専業主婦で無利息期間を利用して借り入れをしたいとお考えの方は、新生銀行のレイクがお勧めです。

 

レイクは新生銀行なので総量規制外ですので専業主婦の審査が問題ありませんし、5万円までなら180日無利息というかなり手厚いサービスとなっています。

 

一つの検討材料にするとよいですね!