生活費が足りない!専業主婦のお金のピンチその時に

生活費が足りない!専業主婦のお金のピンチその時に

 

日々の生活の中で生活費が足りない!ということは少なくないですよね?

 

普通に生活している限りには問題が無くても、冠婚葬祭などで予定になかった出費が出てしまうと途端に余裕がなくなりますし、場合によっては足りなくなるケースも出てくるでしょう。

 

そこで今回は生活費が足りない場合の乗り切り方や対策などをご紹介していきたいと思います!

 

 

生活費が足りない場合の乗り切り方 その1:借金

生活費が足りない場合の乗り切り方として、一つは借金が挙げられるかと思います。

 

借金と言っても、キャッシングで借りるのではなく、家族や身内、友人等、相談できる相手に借りるという意味ですね。

 

 

急な出費によって足りなくなったケースを例に取ると、あくまでも一時的な状況であることが想定されますから、その時を凌げれば問題は無いことといえます。

 

気の許せる身近な人に借りるのも一つの方法ではないでしょうか?

 

 

キャッシングなどで借りるのも方法としては挙げられますが、リスクを踏まえると安易に頼ることはお奨めできませんし、気が引けるところもあるでしょう。

 

お金を借りるのであれば、まずは信頼できる人に相談するべきだと思います。

 

 

生活費が足りない場合の乗り切り方 その2:アルバイト

生活費が足りない場合、できることは3つあります。

 

「生活費を切り詰める」、「お金を借りる」、アルバイトやパートなどで「お金を稼ぐ」の3つです。

 

 

昔もそうでしたが、今でも専業主婦をする傍らで生活のためにアルバイトやパートをしている人は少なくありません。

 

また、アルバイトであっても定期的な収入がある人はキャッシングなどで優遇される面もあります。

 

アルバイトの収入だけではない様々なメリットが存在しますので、生活に困った場合の選択肢を広げる意味合いでもアルバイトは悪くない選択だと思いますよ!

 

 

生活費が足りない場合の乗り切り方 その3:キャッシング

先程ご紹介したように、安易に頼ることはお奨めできませんが、急にお金が必要になった場合にはキャッシングも選択肢に入れていかなくてはいけないでしょう。

 

ただ、キャッシングは消費者金融などならすぐに借りることができますが、借り過ぎてしまうと返済自体が不可能になり、首が回らなくなるような状況にもなりかねません。

 

よって、利用する際はよく言われるように計画的な利用法が必要になってきます。

 

 

ただ借りるだけでなく、返すまでのシミュレーションをしっかりと描いておくことがキャッシングを利用する上での基本です。

 

ですので、困ったからといって安易に利用せずに、冷静な判断の下で利用するようにしてくださいね!

 

 

生活費が足りない!専業主婦のお金のピンチその時に まとめ

以上、生活費が足りない場合の乗り切り方や対策についてとなります。

 

対策や乗り切り方を大きく分けると「身近な人に借りる」、「アルバイト」、「キャッシング」の3つになるのですが、優先度としては「身近な人に借りる」、または「アルバイト」の収入が基本になってくるのではないかと思います。

 

 

身近な人には旦那さんも含まれますから、比較的、相談もしやすいのではないでしょうか?

 

アルバイトも空き時間を有効に利用するという意味では効果的ですので、是非、検討されてみてください。

 

キャッシングも有効な方法ですが、リスクも念頭に置いて利用するようにしてくださいね!

 

 

 

生活費が足りない!専業主婦のお金のピンチその時に関連ページ

家賃が払えない!専業主婦のお金のピンチその時に
「家賃が払えない!」という時の、払えないとどうなるのか、その時の対処法などをご紹介します。
食費が足りない!専業主婦のお金のピンチその時に
「食費が払えない!」という時のための乗り切り方、対策などをご紹介します。
電気代が払えない!専業主婦のお金のピンチその時に
「電気代が払えない!」という時の、払えないとどうなるのか、その時の対処法などをご紹介します。
携帯代が払えない!専業主婦のお金のピンチその時に
「携帯代が払えない!」という時の、払えないとどうなるのか、その時の対処法などをご紹介します。
カードの支払いが払えない!専業主婦のお金のピンチその時に
「カード支払いの引き落としが払えない!」という時の、払えないとどうなるのか、その時の対処法などをご紹介します。