電気代が払えない!専業主婦のお金のピンチその時に

電気代が払えない!専業主婦のお金のピンチその時に

 

電気代は家賃と違って決まった金額で請求が来るわけではないですから、計算し辛いものですよね?

 

ましてや今、ガスの代わりに電気を利用することが増えてきたことで、電気料金も以前に比べて増してきているように思えます。

 

その意味では家計を預かる専業主婦の皆さんにとっての悩みごとの一つになってきているとも言えるのではないでしょうか?

 

そこで、今回は「電気代が払えない場合にどうなるのか?」と、その「対処法について」などをご紹介していきますね!

 

 

電気代が払えないとどうなるのか?

まず、「電気代が払えないとどうなるのか?」についてですが、誰にでもわかるのは「電気を停められて使用不能になる」ということでしょう。

 

電気代は基本的に引き落としになっていますから、口座に入っている金額が足りないと支払いはされていないことになります。

 

しかし、電気の場合には支払いがされなかったからといって即時停止になるということはなく、翌月に2ヶ月分の支払いを求められ、それでも引き落とせない場合には文書による通知と支払い書が届くのが一般的です。

 

なので、しばらくは使用することができるわけですが、支払い書の通知後も払わなかった場合には直ちに停止される可能性が十分にあるかと思います。

 

こうした性質上、後回しにされがちではあるのですが、オール電化が進んでいる今ではまさにライフラインとなっていますので、間違っても停止されるような事態は避けるべきでしょう。

 

 

電気代が払えない!乗り切り方は?

期日までに電気代を払えないと事前に分かっている場合には電力会社に連絡して支払日を伸ばしてもらってください。

 

まず、これをしないとお金を準備する期間を十分に取れませんから、支払いの方法を考える前に必ず行っておいた方がいいです。

 

 

その上で方法を考えると支払日までに余裕がある場合にはアルバイトやパートを探すのも手ですが、カードローンを利用するのが方法としては最も効果的でしょう!

 

カードローンは金利が高いことで有名ですが、それは年金利の話で、例えば一か月後に返すといった短期的な利用ならそれほど高くなることはありません。

 

もちろん、大金を借りてそれが長期に渡る場合には話は変わってくるのですが、少なくても短期利用による負担はそれほど大きくないので、返せる目処があるのであれば必要な分だけ借りるのもいいと思います。

 

 

まとめ

以上、「電気代が払えないとどうなるのか?」と「対処法について」でした。

 

家賃の様に支払いをしなくともすぐには影響がないだけに後回しになってしまうのが電気代なのですが、今は家電製品の大半が生活に欠かせないという実情もありますし、その傾向は技術が発展してきた現在、より進んできているように感じます。

 

そうなると必然的に重要度は増しますし、使用頻度が上がることから金額も増え、たかが電気代とはもはや言えなくなってきましたよね?

 

かといって電気代は使用分だけ取られる性質上、「電気代が足りないからお金を貸して」とも知人や家族には言い辛いですから、工面するのも難しい部分があります。

 

 

先程、ご紹介したカードローンも計画性が必要な点で安易に利用するのは良くないのですが、逆に考えれば計画的な利用をすることで利便性が増すとも言えるのではないでしょうか?

 

電気代が払えない状態はおそらく想定外であることが多いと思われますので、すぐに都合できる方法としてはカードローンを推奨しますよ!

 

 

 

電気代が払えない!専業主婦のお金のピンチその時に関連ページ

生活費が足りない!専業主婦のお金のピンチその時に
「生活費が足りない!」という時のための乗り切り方、対策などをご紹介します。
家賃が払えない!専業主婦のお金のピンチその時に
「家賃が払えない!」という時の、払えないとどうなるのか、その時の対処法などをご紹介します。
食費が足りない!専業主婦のお金のピンチその時に
「食費が払えない!」という時のための乗り切り方、対策などをご紹介します。
携帯代が払えない!専業主婦のお金のピンチその時に
「携帯代が払えない!」という時の、払えないとどうなるのか、その時の対処法などをご紹介します。
カードの支払いが払えない!専業主婦のお金のピンチその時に
「カード支払いの引き落としが払えない!」という時の、払えないとどうなるのか、その時の対処法などをご紹介します。