専業主婦のカードローン審査基準は一体どこを見ているのか?審査時に注意すべき点

専業主婦のカードローン審査基準は一体どこを見ている?

ローン審査基準の見るところ

 

カードローンやキャッシングを利用する際、お金を借りるまでには、当然ながら「審査」が必要です。

 

ではいったいその審査はどこを見られているのか?

 

この審査の基準は一言で言うと借りる方の「返済能力」です。

 

貸金業者や銀行、保証会社では審査専門の部署があり、そこの担当者が審査を執り行います。

 

審査をする理由は貸す側のリスクを最低限に抑えるため、「お金が返ってくるか」の確認するために行います。

 

審査の内容や基準については各社原則非公開です。

 

各社のそれぞれの基準があり、審査に落ちるか通るかの線引き(点数化したスコアリング)と、通過後は限度額と金利の設定基準が決まっています。

 

すこし話がずれますが、審査の中でもっとも厳しいとされているのは、金額が高額で、返済年数も長くなりやすくなる住宅ローンです。

 

小額の貸し付けとなるカードローンは住宅ローンよりはかなり甘くなりますが、審査の要所は押さえておきましょう。

 

では実際、審査は何を見ているのか、ポイントとなる所はどこなのかを、簡単にまとめていきます。

 

 

審査は総合的に得点で見る

 

審査はさきほどの文章でも説明したとおり、何よりもまず「返済能力」を見ます。

 

ですので、ローンを申し込んだ方の返済能力がどこかの部分飛びぬけて優れているとしても、他の部分に審査の問題があると判断されてしまったら、審査落ちになることがあります。

 

例えば年収が非常に高い人でも、過去にローンやクレジットカードの延滞履歴が多いことなどは危険人物とされることがあり審査通過は難しくなります。

 

その人を総合的に見てリスクが少なく返済が行われるかどうかが、貸金業者の審査では最も重要です。

 

専業主婦のカードローンなどの職業によっても変わってきますので、その見られる項目をいくつか挙げてみます。

 

専業主婦の審査について

  • 配偶者(旦那様)に安定した収入がある
  • 属性
  • 融資の希望額

の3つが考えられます。

 

特に専業主婦の方は、銀行のカードローンにおいて、旦那さんに安定した収入があるのが絶対条件となります。

 

本来であれば無収入状態の専業主婦への貸付となります。

 

夫の収入から返済をする必要があるということですので、夫がメインの審査対象になると言っても過言ではありません。

 

もし旦那さんがすでにキャッシングを利用していて、妻も融資を受けるとなるとその世帯の返済能力は著しく下がってしまいます。

 

一世帯の収入ので審査を見るため、審査落ちの可能性がぐっと高まってしまいます。

 

ここまで読んでいただけると理解していただけたかと思いますが、残念ながら専業主婦の方だと属性が良い方には当てはまりません。

 

専業主婦も審査は通る!

 

専業主婦でも審査を通すことは可能です。

 

その理由は、銀行系のカードローンは総量規制の対象外ですので、専業主婦の方の利用も想定しているため、配偶者の収入さえ問題なかったら審査に問題はありません

 

逆に総量規制の対象となる一般の貸金業者からの借り入れは専業主婦のローンとして審査落ちをするので注意しましょう。

 

銀行カードローン審査の際ですこしでも属性がよくなるよう、電話番号の入力では携帯電話ではなく、自宅の連絡先をかける場合は書くなどすこし工夫をすることもお忘れなく。

 

パート主婦は審査に問題ありません。

 

また、パートやアルバイトなどですこしでも収入がある主婦の方だと、旦那さんのことは関係なく語ご自身の収入での審査が進んでいきます。

 

そうなると総量規制の法律は関係がなくなるためどこの貸金業者でも基本的には審査に問題はありません。

 

ちょっとした審査のコツ

 

また審査に心配がある方へ申し込み時に伝えておきたいことは、希望限度額は少ない方が審査に通過しやすいと言う点があります。

 

初めての利用で利用限度額の最大まで申し込むという人は、よほど属性が良くない限り借りることは難しいです。

 

小額借り入れならすぐに返せる上に「それほど困っていない」と受け取られて、審査に通りやすくなることがあります。

 

その属性(審査スコア)にあった上限額の借りることができる枠が設けられますので、少なく借入額を申し出ても枠が大きくする、または最初から枠が大きい場合もあります。

 

利用限度額は属性によって決まりますので、申し込みが5万円や3万円だとしても、信用があると判断されたらその信用に合わせて限度額が増えていきます。

 

以上に注意しながら審査に進んでみましょう。