カードローン審査を通りやすくするコツと審査の条件について知ろう!

カードローン審査を通りやすくするコツと審査の条件について知ろう!

カードローン審査を通りやすくするコツ

 

カードローンの審査は、審査を受ける方の属性に影響が大きいため、属性を変えずに審査に通りやすくしたいことは不可能ですし、そのようなコツも方法は存在しません。

 

審査は、年収や会社の勤続期間、過去の信用履歴などから機械的に判断されます。

 

現在の職業、年収、勤続年数などの属性を良化させられれば審査に通りやすくなると言えますが、お金を借りる直前にどうにかできるようなものではないのが対策を打てない理由です。

 

逆に言うと、条件さえ整っていて、属性が良く、過去のクレヒスに問題がなければ、審査に落ちることはまず無いということにもつながります。

 

ここで、審査に通るための条件を具体的にまとめて行きます。

 

他社から借入している総額が年収の3分の1未満であること

 

貸金業者の貸し付けができる総額は法律で決まっていて、この法律は誰にでも適用されます。

 

この法律を総量規制といいます。

 

以前はほぼあって無いようなもので甘いものでした。
グレーゾーン金利問題が発生するなど、法律の穴があいていましたが、数年前に法改正され、現在ではしっかりと制限されています。

 

主婦の方がパートなどで年45万円ほどの稼ぎあったとしたら、その3分の1である15万円が合計借入額となります。

 

もし年収が45万円で、他社からの借り入れがすでに15万円であれば新たに借りることは出来ず、審査に通りません。

 

しかし、この総量規制のルールは銀行のカードローンでは適用されません。

 

総量規制は、銀行以外の貸金業者に適応される法律で、消費者金融や、クレジットカードキャッシング、サラ金、街金などに適応されています。

 

ですので、収入が一切ない専業主婦の方でも銀行系のカードローンなら利用が出来ます。

 

まず基本の審査のルールを知っていただいたうえで、あえて審査に通りやすくするコツを挙げるとしたら、印象良く応対することや、余計なひと言を言わないことなどがありますので、以下にご紹介していきます。

 

電話での印象

 

電話で印象良く対応するかどうかで、審査に落ちるか受かるかが左右されるとは限りませんが、印象が良いに越したことはありません。 
あまりにも危険人物となると、審査に影響する可能性が考えられますので、特に仕立てに出る必要はありませんが、普通に虚偽がない対応を心がけましょう。

 

印象良く誠実に応対するということは、会社側は返済もしっかりしてくれそうという風に受け取れますので良い心がけです。

 

言わなくても良い余計なひとことは言わない

 

ある方は、住所が実家のまま、レンタルオフィスが自宅兼オフィスとして利用している状態で、カードローンの申し込みをしました。

 

実家の住所を書き、無事に審査に通って最後に「カードなどはこちらにお送りしても大丈夫でしょうか」と担当の方が尋ねると、家族に見られるのを嫌がったその方は「今はこのレンタルオフィスに仕事場を兼ねて住んでいるので、こちらに送ってください」という旨を伝えました。
なんとそのあとで審査に落ちてしまったのです。

 

レンタルオフィスを自宅代わりにしている=普通のアパートを借りられないと受け取られてしまい、返済能力が怪しいと思われてしまったのです。

 

このような余計なことを言わないことと、しっかりと誠実に対応するということも、一種の審査に通るためのポイントに挙げられます。

 

ですが、やはり大前提としては、職業、年収、他社の借り入れ状況など、基盤となる情報を整えるのが最も大切です。

 

言うまでもありませんが、審査に通るための属性を良くしてお金を借りられるようになるために働きましょうと言うわけではありません。

 

基本は無駄な出費をせずに、節約を意識し、できるだけ貯金をして、借りなくても済むことに越したことがありません。

 

借りた後も返済に困らないよう、返済計画もしっかりと考えて申し込みましょう!