審査に落ちる原因

審査に落ちる原因

カードローン審査に落ちる原因

 

カードローン審査落ちしないため、ローンの申し込む前に「審査に落ちる原因」を知っておきましょう。

 

どの銀行や消費者金融、クレジットカード会社に審査の内容について問い合わせをしても、どういう条件で落ちるのかは、一切明かされません。

 

審査の内容は審査を受ける人の収入、仕事、年齢、個人の信用状態によって異なるため一概に言うことは出来ず、またその内容について教えることができないと回答があります。

 

審査内容については各社トップシークレットでカード会社の経営の根幹になります。
たとえ社員だとしても役員クラスにならないと詳細内容を知ることはできないでしょう。

 

管理人のサトちゃんも、電話取材や本で勉強するなど、審査について調べてみましたが、ある程度のルールはあるもののそれぞれの会社で異なるものということがわかってきました。

 

それではどんなものを見るべきかについて以下に書いていきますね。

 

審査のスコアリングに関わる基本的な対象

 

年収、年齢、家族構成、会社、雇用形態(正社員、契約社員、派遣社員、バイトなど)、勤続年数、住居、現在の借金の額、過去のカードローンやクレジットカードの利用履歴など

 

各社で上記のものなどを点数化(スコアリング化)して、審査を通すかどうかの判断を機械的に行います。
そのスコア内容についての配点は各社それぞれ独自のものですし、時期や経営状態によって微調整していることでしょう。

 

事例によって審査落ちが違う事実

 

一つ一つの審査落ちの事例を聞くと、一般企業で年収が低くても借りられる人もいれば、公務員の人でも借りられないなど一貫性が見えないことがあります。

 

実際は審査要件に問題がなくてもローン審査は通ると思われる方も、審査落ちしているという方がいます。

 

個別の審査落ちで一貫性が無いことから考えられるのが、申込用紙に不備があったために審査に落ちするという可能性が考えられます。

 

審査落ちしないためにはローン申し込みの時の書き方に注意

 

申し込み用紙の書くべき場所を空白にしていたり、誤字、脱字、住所の書き間違えていたりと、書類不備によるケアレスミスで落ちたということが考えられます。

 

意外に多いこのような簡単なミスによって落ちている可能性が否めませんので、必ずローン申し込み用紙は見直しをして、細心の注意を払って書くようにしてください。

 

もちろん、嘘を書くのは厳禁ですし、嘘のことを書いても信用機関に問い合わせがいくなど、すぐにばれてしまいますので、正しい情報を書いてください。

 

派遣社員の方の審査落ちに注意

 

派遣社員の派遣先、派遣元ともにどちらの会社を書くかによって会社の在席確認電話の場所が変わります。

 

そもそもカードローン会社は、借主が働いているということが条件で無担保ローンの契約を組みます。
派遣社員でも働いていれば、審査は問題ないはずなのですが、以下のことが原因で審査落ちする事態に陥りますので注意しましょう。

 

申し込みに書く際に「派遣元」を書いてしまいます。
しかし本人は「派遣先」で働いているため、在席確認の電話で派遣元会社には本人が存在しないので、電話口の人が会社にはいませんとなります。

 

カードローン会社とすると会社には在席確認不備とこととなり、嘘の記載という判断になります。

 

実際には働いているのにもかかわらず、勘違いで派遣元を書いてしまうことで審査落ちするということがありますので注意しましょう。

 

専業主婦の審査落ちに関して

 

総量規制の法律問題が専業主婦の借り入れ審査には重くのしかかります。

 

専業主婦は収入がありませんので、銀行系のカードローンにしか申し込めません。

 

パート、アルバイトなどをしていない主婦の方には消費者金融系では申し込み資格がありませんので審査に通ることは不可能です。

 

反対に、何らかの仕事をしていて収入があるという専業主婦ではないパート、アルバイトの主婦の方なら消費者金融でも問題ありません。

 

そこで銀行系のカードローンなら審査が大丈夫と思っていても、一度に3社や4社などまとめて申し込むと「申し込みブラック」となり、全ての審査に落ちてしまうことがあります。

 

申し込む際はゆっくりと一社一社審査の確認をしながら注意して申し込みましょう。

 

同様に、申込み履歴が短期間に集中しているという情報が信用情報機関に残っているときも申込みブラックに該当し、審査に通らなくなります。

 

また、クレジットカードについても当然信用情報機関に登録されており、クレジットカードの支払いを滞納したことが頻繁にあったりすることでも、審査に落ちる大きな理由となり得ますので、利用前には注意してください。

 

 

配偶者(夫)の収入、借り入れ状況によっては審査に落ちることもある

 

専業主婦は返済能力から簡単にいうと無職、無収入となります。
ですので、返済能力は完全にゼロとなり、審査には通りにくい属性の職業の人となってしまいます。

 

ですが、夫の収入や勤続年数などによっては返済能力があると認められ、いくらかの融資が可能になるため、専業主婦でも借りられることがあるのです。

 

「配偶者貸付け可能」の会社です。

  • ベルーナノーティス
  • レディースキャッシング「エレガンス」
  • レディースフタバ

の三社が対応していますが、アコム、アイフル、プロミスといった大手の消費者金融は対応していません。

 

旦那の収入を信用に借り入れができるシステムですが、言い換えれば、夫の収入や現在の借り入れ状況など、夫の信用情報によって審査に落とされる可能性があるということです。

 

審査落ちの可能性と言うより、上記制度の場合は、専業主婦が審査に落ちたという時にはほぼ間違いなく夫に問題があるために落ちたと考えられます。

 

落ちた理由を具体的にまとめていきますと、

 

  • 夫が現在借り入れをしていて、額が多くなっている
  • 夫がすでにブラックに登録されている
  • 夫が派遣社員などで雇用が不安定

などです。

 

旦那さんの返済能力や、過去の信用の問題で、夫の借金があるかどうか、収入がどうなっているかという部分が重要視されます。

 

夫の名前でも信用情報機関に登録されていますので、夫名義のカードローンで延滞や遅延を繰り返していたり、住宅ローンなどの大きいローンを組んで返済中などであったりする場合は審査落ちする可能性があります。

 

専業主婦の方がカードローンの申し込みを検討している際には、以上のような細かい制度を知ることと、その内容についてよく知っておきましょう。

 

基本的には銀行のカードローンが審査が通りますので専業主婦は銀行ローンをファーストチョイスするとよいですね。