専業主婦カードローン専業主婦が抱えるストレスや悩み、その傾向と対策・体験談まとめ

R.Kさん(40代)の体験談

  • 離婚成立時41歳
  • 離婚原因:夫が好きなことに没頭し仕事をしなくなった。加えて浪費癖も
  • 子供:11歳長女と8歳次女。親権はともにこちら

 

仕事をしない夫 調停を申し立てるも欠席され不調に

「ちゃんと働かないなら、離婚するから」と伝えたのに、「俺は絶対に離婚しない」の一点張り。

 

しばらくして仕事を見つけてきたとしても、月に2万円も稼げないアルバイト。

 

「そうじゃなくて、正社員で仕事を探して! 家のローンだってあるし、私は子供がいるから正社員は難しいんだよ。」と言っても、「俺は一生懸命働いているのに」とまったくかみ合いませんでした。

 

その当時下の子がまだ4歳、私は専業主婦だったので、就職活動をしてみましたが、「親と同居していないなら、お子さんが病気の時はどうするんですか?」という質問に本当に困り果てました。

 

 

離婚調停を申し立てたのですが、その調停当日、「私は絶対に離婚しません」という手紙だけが夫から家庭裁判所に送られてきて、本人は欠席。

 

話はまったく進まず、調停は終わりました。

 

離婚裁判も長期化

尚も働かない夫は、クレジットカードでどんどん勝手にお金を使っていたので、私は離婚裁判を行うことにしました。

 

専業主婦だった私が、7年ぶりに長時間のバイトという形で働き始め、育児、家事、学校の役員もしなくてはならず、その上、離婚裁判の資料集めをして、時間にまったく余裕がありませんでした。

 

それに離婚裁判をするには、根気とお金が必要でした。

 

判決で「離婚」と出ても夫が控訴してきて、なかなか離婚ができませんでした。

 

 

その間も、子供手当が夫の口座に振り込まれ、何度も市役所へ行き、

 

「一緒に住んで育てているのは私なのに、どうして夫の口座へお金が振り込まれるのですか? 私が育てていて、夫が家にいなくてっていうことを調べに来て下さい。近所に聞きまわっても構わないので、調べて下さい。」

 

と抗議しました。

 

子供は反抗 お金の不安も

私は仕事も育児も家事も学校の役員も一生懸命やっているのに、8歳の長女にすごく反抗されたことがすごく辛かったです。

 

「手伝ってくれる?」と言えば文句ばかりでまったく手伝わず、今までと同じように話を聞こうとすれば、「お母さんは働いて家にいないんだから話す時間なんてない」と言われたり。

 

その上に生活していくお金がたりなくて、本当に辛かった。

 

これから私1人で、2人の子供を育てていかなくてはならない重圧で、おそらくこの頃が一番辛かったです。

 

一度だけ、私が離婚を望まなければ、こんな争いしなくてすんで、夫も働いてくれるようになるのかもと思ったことがありました。

 

でもそれは、私自身が疲れ果てているせいで、絶対に同じことが起きるから、やっぱり離婚したいと強く思うようにしました。

 

 

独身時代に貯金して、夫には内緒だったお金があり、それで離婚裁判の費用を出しました。

 

車1台分くらいのお金を払うことになり、本当にばかばかしいなと思いましたが、ずっと苦しむことは嫌だったので、早くはっきりさせたいと前向きに考えていました。

 

裁判と生活のため子供を母に預けてアルバイトを

子供達には淋しい思いをさせたくはなかったのですが、どうしても働かないとお金がなくなるため、遠方の実家から私の母に来てもらい、子供達の面倒を見てもらうこともありました。

 

最初は土日祝に出勤しなくてはならない洋服店で長時間のアルバイトをしていたのですが、その間にパソコン教室へ通い、パソコンができるようになってから、土日祝に休みが取れる会社への転職を考えていました。

 

 

子供達のことを考えたら、今は乗り切らなければいけない時期。

 

子供達にもそれをよく話しましたが、特に8歳の長女には伝わらなかった気がします。

 

「お父さんがいなくなった」という気持ちが大きかったのでしょう。

 

それでも根気よく、長女に接するしかありませんでした。

 

いつかわかってくれるとベッドの中で何度泣いたかわかりません。

 

 

土日祝が休みの会社へ転職が成功し、収入も安定、勤務も朝〜夕方になり、だいぶ時間的にも精神的にも余裕ができるようになりました。

 

子供手当は、何度も市役所に通っているうちに、「そういう家庭の方々が多いので、国で方針を変えるそうです」という話が出ました。

 

それから半年以上たってからですが、やっと子供と一緒に暮らしている母親の私に、子供手当が振り込まれるようになりました。

 

そして、離婚調停を申し出てから3年後、やっと離婚が成立しました。

 

 

 

 

働かない夫、「俺は絶対に離婚しない」の一点張りで最後は離婚裁判に関連ページ

合意の上での離婚も、親戚に思い留まるよう繰り返し説得され関係悪化
Y.Eさん(30代)の離婚体験談:夫のモラハラに耐えかねて離婚を決意 徐々に夫と距離をおいていき、最終的には合意の上で離婚成立
浮気相手を妊娠させた夫が「原因はお前にもある」と強弁
E.Iさん(30代)の離婚体験談:夫が浮気相手を妊娠させ、それをきっかけに離婚を切り出される。「浮気の原因の半分はお前に」と自分勝手な主張を繰り返す夫に…
夫の浮気の証拠が掴めず、逆に放り出されるかたちで別居に
C.Tさん(30代)の離婚体験談:浮気をしている夫の相談を友達にしていたところ、逆に浮気を疑われ、一人放り出されるかたちで別居、そのまま離婚届けを書かされる
DVの自覚がない夫、離婚を切り出しても納得してくれない
C.Mさん(40代)の離婚体験談:夫の言葉によるDVに耐えかねて離婚を切り出したが、本人にその自覚がなく話し合いは難航
夫の両親が離婚に納得せず、両家を巻き込んだ騒動に
Y.Hさん(40代)の離婚体験談:夫婦間では離婚の同意は済んでいるのに、夫の両親が納得せず両家で大げさな話し合いをする羽目に
離婚手続中に重病発覚。結婚生活のストレスに愕然
J.Uさん(40代)の離婚体験談:夫との意思疎通が出来ず離婚を切り出すと、話し合いにすらならずそれが決定事項に
早期成立のため条件を妥協。調停や裁判を行わなかったことを後悔
K.Hさん(30代)の離婚体験談:夫が情緒不安定で暴力や子供の連れ去りがあり、財産分与や慰謝料を貰わず一刻も早い決着を目指す
夫のモラハラで鬱を発症、それを理由に夫から離婚訴訟を起こされる
K.Kさん(30代)の離婚体験談:夫が結婚直後に豹変し鬱病を発症、それを理由に実家に追いやられ離婚訴訟を起こされる
養育費・慰謝料の条件で浮気夫にごねられ離婚調停を申し立てられる
M.Tさん(40代)の離婚体験談:浮気発覚後も謝罪せず何事もなかったかのように振る舞う夫に愛情が冷め離婚を切り出したところ、養育費・慰謝料の支払いでごねはじめ調停を申し立てられる
暴力団組長宅に入り浸り帰ってこない夫。両親への状況説明にも苦心
N.Oさん(40代)の離婚体験談:夫の会社が倒産し、義母の不倫相手である暴力団組長の家に入り浸るように
離婚に応じない夫 公的援助を受けられないまま4年の別居生活を余儀なく
M.Sさん(30代)の離婚体験談:夫が離婚に応じてくれず、公的な補助を受けられないまま4年の別居期間を余儀なくされる
モラハラ夫の言動に萎縮、なかなか離婚を決意できず
H.Mさん(30代)の離婚体験談:夫のモラルハラスメントが日に日に悪化、言動に萎縮するようになり離婚を決意するまでが大変だった
娘の出産直後に夫の不倫と相手の妊娠が発覚
R.Cさん(20代)の離婚体験談:娘の出産で里帰り中に夫が不倫相手を妊娠させたことが発覚。出産直後でなかなか離婚の決意ができず時間だけが過ぎてゆく
働かないヒモ夫が逆上して暴力
Y.Aさん(30代)の離婚体験談:夫が働かず、その上財布からお金を盗むなどするため離婚を切り出すも「お金がない」と居座られ、相手をしないでいると殴られる
夫が働かず実家に逃げ、収入がないまま離婚への目処もつかない日々
M.Sさん(30代)の離婚体験談:夫が働かず収入が途絶、挙句実家に逃亡 暴力癖もあるため顔を会わせず離婚の話し合いをするため司法書士に頼ることに
離婚の意志を伝えた夫に逆に浮気を疑われ、勤め先の人間にまで迷惑を
E.Oさん(40代)の離婚体験談:意思疎通の困難さから離婚を切り出したところ両親に大反対され、さらには夫に浮気を疑われてしまう
仕事の重圧で行方不明になった夫にそれをかばう義両親。話し合いが噛み合わず苦労
C.Eさん(20代)の離婚体験談:夫と夫の両親との距離感の近さが嫌になり離婚を切り出すも夫に理解されず話し合いは難航
暴力・浮気癖の夫に、親権と引き換えに借金を押し付けられる
A.Kさん(30代)の離婚体験談:暴力と浮気癖のある夫に離婚を切り出すと「別れるなら子供は渡さない」と言い出し、話し合いの最中にも暴力を振るわれる
夫が子供を連れ去り実家へ。洗脳された子供に「会いたくない」と言われ…
S.Tさん(40代)の離婚体験談:夫婦間のいざこざが原因で夫が子どもを連れて実家へ行き別居生活に。子どもの面会について折り合いがつかず離婚調停を申し立てる
夫のDVが原因で夜逃げ同然で実家へ。接近禁止命令を出してもらう
S.Kさん(40代)の離婚体験談:夫の暴力があり夜逃げ同然で実家に逃げ、DV防止法の接近禁止命令を出してもらったうえで離婚調停を申し立てる