慰謝料の相場と請求できるケースについて

専業主婦カードローン専業主婦が抱えるストレスや悩み、その傾向と対策・体験談まとめ

慰謝料の相場と請求できるケースについて

 

この記事では、離婚の準備にあたって、慰謝料について知っておくと良い知識や、出来るだけ多くの額を請求する方法などをまとめて行きます。

 

 

慰謝料を請求出来るケースはどんな時?

 

一言に慰謝料と言っても、請求出来る場合と出来ない場合があります。

 

離婚をしたら必ず慰謝料を請求出来るわけではなく、相手からの一方的な不当な行為を受けた場合に請求するものです。

 

 

「離婚理由で最も多い性格の不一致の場合、慰謝料は請求できるの?」という疑問を持っている方も多いと思います。

 

この場合、夫婦のどちらに責任があるか判断がつきにくい上、法律上の離婚原因としては認められていないため、請求は難しいと考えて良いでしょう。

 

夫婦間の価値観の違いは、お互い話合い歩み寄る努力によって埋め合わせが出来ると考えられるため、責任の発生する余地がないのです。

 

 

では、どのようなケース場合に、慰謝料を請求できるのでしょうか。

 

慰謝料は相手からの一方的な精神的・肉体的苦痛に対する賠償金です。

 

具体的には、不貞行為(浮気・不倫など)、精神的・肉体的暴力(DV・モラルハラスメント)、性交渉の拒否(セックスレス)、悪意の遺棄(生活費を払わない・故意に妻子と同居しないなど)が挙げられます。

 

 

慰謝料の相場はいくら?

 

では、慰謝料を請求するにあたって、いくらくらいの金額が支払われるのでしょうか。

 

慰謝料の金額に明確な算定基準はなく、請求額はケースバイケースとなります。

 

慰謝料というものはお互いの同意のもとに決まるため、自由に設定することが出来ます。

 

極端な話ですが、有名人など支払う側の支払い能力が高い場合、数千万円単位とかなりの高額となるケースがあります。

 

 

しかし、夫婦間だけで互いに納得のいく慰謝料を設定することは難しいため、大抵の場合は民事裁判の中で検証して額が決定されます。裁判例ではおおよその相場が決まっているので、目安として知っておきましょう。

 

  • 浮気・不倫などの不貞行為の場合…100万〜500万円
  • DV・モラルハラスメントの場合…50万〜300万円
  • セックスレスの場合…100万〜300万円
  • 悪意の遺棄の場合…50万〜300万円

 

以上が、一般的な相場となります。

 

 

慰謝料をより高額に請求する方法とは?

 

「婚姻期間」「相手の年収」「年齢」「職業」「養育が必要な子供の数」などによって、更に高めの請求が可能になる場合があります。

 

また、それぞれのケースにおいては慰謝料をより高額に請求できる可能性があります。

 

  • 離婚の原因が相手の不貞行為の場合…不倫の期間、不貞行為の回数、不倫相手の妊娠・出産の有無、不倫相手と同棲するようになった、不倫が原因で妻がうつ病になった場合など
  • DV・モラルハラスメントの場合、暴力・暴言行為の期間、暴力・暴言行為の回数、暴力行為による怪我や後遺症の度合い、暴力・暴言行為が原因でうつ病となった場合など
  • セックスレスの場合、結婚してから一度もセックスが無い、生殖機能に問題がないにもかかわらず性交渉を拒否する場合など
  • 悪意の遺棄の場合、相手に正当な理由がなく別居が行われた、妻に収入が無いにもかかわらず生活費を入れない、別居が行われた期間が長いなど

 

これらの理由を離婚原因として認められるためには、出来るだけ多くの証拠を残す必要があります。

 

慰謝料の請求を確実なものにするためにも、証拠は出来るだけしっかり残しておきましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

離婚後の生活を安定させるためにも、少しでも多くの慰謝料を請求したいですね。

 

 

離婚後の生活の為に!慰謝料の相場とより高額な請求が出来るケースについて関連ページ

離婚裁判となってしまった場合、かかる費用はどれくらい?
離婚裁判となってしまった場合の費用についてや相談出来るところ、弁護士を雇うべきかどうかなどを解説します。
離婚成立時に残っている住宅ローンの名義はどちらに?名義書き換え・連帯保証人・任意売却について
離婚時に住宅ローンが残っている場合、ローンの名義は書き換え可能なのか、連帯保証人を解除できるのかなどの疑問を、ケース別に解説しています。
どれくらいもらえる?ローンはどうなるの?財産分与について
離婚に際して、今あるお金や家財、ローンなどはどうなるの?という疑問を、ケース別に解説します。
どれくらいかかる?請求はできる?離婚後の生活費について
専業主婦が離婚をした後にかかる生活費や、離婚に向けた別居時の費用について、概算や請求の可否などを解説します。