どれくらいかかる?請求はできる?離婚後の生活費について

専業主婦カードローン専業主婦が抱えるストレスや悩み、その傾向と対策・体験談まとめ

どれくらいかかる?請求はできる?離婚後の生活費について

 

離婚後の生活を確保するためには、生活費がどの程度かかり、相手にどこまで請求出来るかを理解しておく必要があります。

 

特に、妻が専業主婦やパートで経済力に不安がある場合、生活費が貰えないため離婚できないという事態になりかねません。

 

今回は、離婚後の生活費についてお話していきます。

 

 

離婚後の生活費はどれくらいかかるの?

 

まず、生活費に必要なものは何かを挙げていきます。

 

生活のためには、家賃、食費、光熱費、医療費、交通費、保険料、通信費などがかかります。

 

さらに、子供がいる場合は保育費、教育費、給食費、被服費などがかかります。

 

 

子供の年齢や人数、身内の支援の有無などによって生活費は大きく変わりますが、まずは生活のためにかかる1年間の大まかな金額を計算してみましょう。

 

 

母子家庭が、賃貸に住むと仮定します。

 

  • 家賃:5〜7万円
  • 食費:2〜5万円
  • 水道・光熱費:1〜2万円
  • その他:3〜7万円

 

として毎月で考えると約11〜21万円となり、これを年間にすると、約132〜252万になります。

 

生活費は世帯の人数によって異なるため、家計簿などをつけておおよその家計を把握しておくことをお勧めいたします。

 

 

子供がいれば、生活費に加えて養育費がかかってきます。

 

母子家庭の場合、公的な助成制度があり、「児童扶養手当」や「ひとり親世帯への住宅補助」などの制度を有効に使えば、少しでも生活費の負担を減らすことが出来ます。

 

支援内容は各自治体によって異なるため、費用の詳細を知るにはお住まいの市区町村役所に問い合わせましょう。

 

 

元夫へ請求はできる?子供なしの専業主婦でも可能?

 

夫婦が家庭生活を営んで行くための生活費を「婚姻費用」といいます。

 

離婚をするために別居をしたものの、別居中の生活費が夫から支払われないといったトラブルがあります。

 

たとえ別居中でも、それを理由に婚姻費用を支払わないということは原則出来ません。

 

ですので、夫が婚姻費用を払わない場合、妻はそれを請求する権利があるのです。

 

 

ただし、夫婦共働きで妻に生活が可能な収入がある場合、それぞれの所得で生活が可能なため、どちらかが生活費を負担する必要はありません。

 

また、妻が不倫をした、浪費を繰り返して生活が困難になったなど、離婚の原因が妻にある場合、請求額は減額されます。

 

 

では、離婚後に妻が専業主婦で生活費を確保できない場合はどうなるのでしょうか。

 

結論から言うと、別居期間中とは異なり、離婚後は元夫が生活費を払う義務はありません。

 

ただし例外として、妻に頼れる身内がおらず十分な生活を送れない、病気や育児中で定職につける状況ではないなどの特別の事情がある場合、生活費を請求できる場合があります。

 

 

生活費はいつからいつまで払ってもらえるの?

 

それでは、その生活費はいつからいつまで払ってもらえるのでしょうか。

 

前述したとおり、離婚後は婚姻費用の分担義務がなくなるため、原則として別居期間中「請求したとき」から発生し、「離婚するまで」あるいは「和解して同居に戻るまで」となります。

 

請求できたとしても、平均期間としては2〜3年です。また、過去にはさかのぼることは出来ないという点にも注意しておきましょう。

 

 

夫が妻に対してどれくらいの期間、どの程度まで支払うのかは、家庭裁判所に「婚姻費用の分担請求調停」として申し立てることで、「養育費・婚姻費用算定表」を基準に話を進めることができます。

 

 

離婚後の生活費は「婚姻費用の分担」として請求するものではなく、「慰謝料」や「養育費」という形で請求すると考えると良いでしょう。

 

 

まとめ

 

今よりも幸せになるために離婚をしたとしても、生活に困窮するのであればまた別の苦しみに直面することになります。

 

離婚後、少しでも生活に悩まないために、どんな支援や手当てがあるのかを知った上で生活費の計算をし、少しでも早く仕事を探し新たな生活を確保出来るよう、準備をすることをお勧めします。

 

 

 

どれくらいかかる?請求はできる?離婚後の生活費について関連ページ

離婚後の生活の為に!慰謝料の相場とより高額な請求が出来るケースについて
離婚に際して、婚姻中に不当な行為を受けていた場合に請求できる慰謝料。どのようなケースで請求できるのか、相場はいくらくらいなのかなどについて解説します。
離婚裁判となってしまった場合、かかる費用はどれくらい?
離婚裁判となってしまった場合の費用についてや相談出来るところ、弁護士を雇うべきかどうかなどを解説します。
離婚成立時に残っている住宅ローンの名義はどちらに?名義書き換え・連帯保証人・任意売却について
離婚時に住宅ローンが残っている場合、ローンの名義は書き換え可能なのか、連帯保証人を解除できるのかなどの疑問を、ケース別に解説しています。
どれくらいもらえる?ローンはどうなるの?財産分与について
離婚に際して、今あるお金や家財、ローンなどはどうなるの?という疑問を、ケース別に解説します。