離婚時に残っている住宅ローンはどうなるの?

専業主婦カードローン専業主婦が抱えるストレスや悩み、その傾向と対策・体験談まとめ

離婚時に残っている住宅ローンはどうなるの?

離婚時に残っている住宅ローンは?

 

住宅ローンが残っている状態の中で離婚が決まった時、どのような選択肢があるのでしょうか。

 

様々なケースを想定した上で、解説していきます。

 

 

離婚で住宅ローンの名義はどうなるの?

 

ケース1:ローン名義・所有権ともに夫

まず、住宅ローンは夫名義のまま妻が家を出て、夫が住み続ける場合を考えていきます。

 

この場合、夫がローンの返済を続けられれば問題ありませんが、返済が滞ったら連帯保証人が妻の場合、妻にローンの支払いを求められます。

 

ケース2:ローン名義は夫・所有権は妻

次に、住宅ローンは夫名義のまま、妻が住み続けるケースを考えていきます。

 

この場合、家を出た夫が支払いを続けることになりますが、最後まで返済し続けてもらえるとは限りません。

 

なぜなら、慰謝料や養育費のため住宅ローンまで支払いが回らなくなり、返済が滞ってしまう可能性が高いためです。

 

まして、元夫が他人となった元妻のために、いつまでもローンを払い続ける気持ちが薄れることも十分想定されます。

 

ケース3:ローン名義・所有権ともに妻

では、住宅ローンの名義・所有権ともに、妻に変更する方法はどうでしょうか。

 

この場合、上記のリスクは回避出来ますが、住宅ローンの名義書き換えのためには「妻に返済能力がある」とみなされるための厳しい審査を通る必要が出てきます。

 

 

妻が長期にわたり正社員として働いているなど、安定した収入があるのであれば、銀行が名義変更に応じる可能性はあります。

 

しかし、専業主婦・パート勤務の場合は、妻に安定した収入がないとみなし、銀行が名義変更に応じる可能性は低いと言えます。

 

 

妻が住宅ローンの連帯保証人となっている場合、解除は可能なのか?

 

住宅を購入した時は、共に支え合い暮らしていく気持ちで連帯保証人となっても、別れて家を離れてしまったら、その足枷からは外れたくなるものです。

 

では、果たして連帯保証人の解除は可能でしょうか?

 

 

結論としては、基本的には極めて難しいですが、全くもって不可能というわけではありません。

 

方法としては

 

  1. 「ローンの借り換えを行う」
  2. 「代理の連帯保証人を見つける」
  3. 「住宅ローン相当の固定資産を担保にする」

 

というものがあります。

 

 

1. 「借り換え」とは、今払っている住宅ローンの金融機関を変更する方法です。

 

連帯保証人が不要の住宅ローンに変更できれば、連帯保証人から外れることが出来ます。この場合、新たな金融機関を探し審査を通す必要があります。

 

次に、2. 「代理の連帯保証人を見つける」方法ですが、つまりは、あなたに変わってリスクを背負ってくれる人を見つけなければなりません。

 

3. 「固定資産を担保にする」方法は、あなたやあなたの親族や身内が相当の固定資産を所有しており、それを担保にすることに同意を得ることが条件になります。

 

 

住宅を売却する選択は可能?任意売却とは?

 

では、ローンが残ったままの状態でも、いっそ家を売却してしまうことは可能でしょうか。

 

売却したお金でローンを返済できれば、問題は解決できるはずですが…。

 

 

これもそう簡単に行くものではありません。

 

いざ売却に踏み切っても、すぐに買い手が見つかるとは限りません。

 

査定の段階でも、売却額が残債を上回れば問題ありませんが、現在は地価や不動産価値が下がっているケースが多いため、査定額が残渣を下回りうることが出来ないケースが大半といえます。

 

 

そこで、どうしてもローンが払えない方の救済措置として「任意売却」というシステムがあります。

 

任意売却は、住宅ローンが払えなくなった時に全額が支払われなくても、融資を受けた金融機関の合意に基づいて、家を市場に近い高価格で売却することが可能です。

 

しかし、これを利用するには債権者の同意が不可欠で、手続きや交渉には非常に手間がかかる上、競売が成立するまでという時間制限の中で行う必要があります。

 

また、個人信用情報(ブラックリスト)に乗ってしまうため、しばらくは債務の借り入れが困難になります。

 

 

まとめ

 

以上のことから、住宅ローンが残ったままで離婚することは、非常にリスクが高いと言えます。

 

金融機関と契約をした以上、夫婦の離婚が支払い義務を逃れて良いと言う理由にはなりません。

 

離婚の際はこういった将来のことも踏まえた上で、よく話し合いましょう。

 

 

 

離婚成立時に残っている住宅ローンの名義はどちらに?名義書き換え・連帯保証人・任意売却について関連ページ

離婚後の生活の為に!慰謝料の相場とより高額な請求が出来るケースについて
離婚に際して、婚姻中に不当な行為を受けていた場合に請求できる慰謝料。どのようなケースで請求できるのか、相場はいくらくらいなのかなどについて解説します。
離婚裁判となってしまった場合、かかる費用はどれくらい?
離婚裁判となってしまった場合の費用についてや相談出来るところ、弁護士を雇うべきかどうかなどを解説します。
どれくらいもらえる?ローンはどうなるの?財産分与について
離婚に際して、今あるお金や家財、ローンなどはどうなるの?という疑問を、ケース別に解説します。
どれくらいかかる?請求はできる?離婚後の生活費について
専業主婦が離婚をした後にかかる生活費や、離婚に向けた別居時の費用について、概算や請求の可否などを解説します。