離婚届について〜入手方法は?書き方や必要書類は?

専業主婦カードローン専業主婦が抱えるストレスや悩み、その傾向と対策・体験談まとめ

離婚届の書き方

 

離婚届の提出によって、初めて公的に離婚が認められたことになります。

 

今回は、離婚届の書き方や提出方法についてお話します。

 

離婚届のもらい方、書き方について

 

離婚届は各市区町村役場の戸籍の窓口でもらうことができます。

 

用紙はどこの役場から手に入れたものでも構いません。

 

役場の記入台などに置いてあるか、窓口に口頭で伝えればもらえます。

 

また、役場のホームページから離婚届をダウンロードすることも可能です。

 

A3サイズの用紙で指定されている場合が多いので、印刷はコンビニなどで行うことをお勧めします。

 

 

次に、離婚届の書き方ですが、氏名や本籍、住所や離婚の種別、親権などの項目を記載します。

 

特に子供の親権や名前は、事前にしっかり決めておきましょう。

 

署名欄は届出人それぞれが自筆で記入し、印鑑もそれぞれ別である必要があります。

 

間違った箇所を修正する場合は、修正液は使わず二重線で消して訂正印を押すのが基本です。

 

訂正個所が多くなることも想定し、離婚届を用意する際は予め2枚ほどもらっておくことをお勧めします。

 

 

また、協議離婚の場合は届出人の他に、証人2名の記載が必要となります。

 

署名・住所・本籍地・生年月日を記載してもらった上で押印してもらいます。

 

証人は必ずしも身内や知り合いである必要はありませんが、記入漏れなどで再提出が求められた場合、証人と連絡が取れるように配慮することが必要です。

 

 

離婚届の提出方法や、提出するにあたって必要なもの

 

離婚届の提出先は、夫婦の婚姻中の本籍地、または現住所の役場の戸籍窓口となります。

 

仕事が忙しくて届ける暇がない、離婚届を提出するところを周りに見られたくない場合は、郵送や夜間の守衛に渡すことで受理してもらうことも可能です。

 

また、離婚届は本人が記載する必要がありますが、提出自体は代理人に頼んでも受理されます。

 

もっとも、いずれの方法も書類に不備があった場合にその場で訂正することが出来ないため、本人が直接届け出た方が確実と言えます。

 

離婚届提出の際に必要となる書類

 

次に、離婚届を提出する際の必要書類ですが、離婚の形式によってそれぞれ提出する書類が異なります。

 

協議離婚の場合

 

協議離婚の場合、提出するものは基本的に離婚届のみで大丈夫ですが、届出の際には本人確認書類を求められます。

 

調停離婚の場合

 

調停離婚の場合、離婚届に必要事項を記載したもののほかに、戸籍謄本(本籍地以外の役場に届ける場合のみ)や調停調書の謄本を、調停成立から10日以内に提出します。

 

原則、調停申立人が届出を行うため、申立人の印鑑が必要ですが、相手方の署名押印、証人2名の記載は不要です。

 

裁判離婚の場合

 

裁判離婚の場合も離婚届は調停離婚と同様の書き方です。

 

戸籍謄本と判決確定証明書を、判決から10日以内に提出します。

 

 

離婚届の受理、不受理について

 

離婚届は双方の合意のもとで受理されます。

 

離婚届に一旦サインしたものの、一方はまだ提出に合意していない場合や、途中で気持ちが変わる場合も考えられます。

 

これは犯罪になりますが、一方が知らぬ間に勝手に偽装した離婚届を出されてしまった、という事態もあり得ます。

 

不受理申出書

 

このような事態を防ぐために「不受理申出書」という制度があります。

 

離婚届が受理される前にこの手続きを行うことにより、相手が勝手に提出をしても受理されなくなります。

 

 

役場から「不受理申出書」をもらい必要事項を記載の上、本人確認を行うことで提出できます。

 

提出先は市区町村役場となりますが、出来れば本籍地のある役場に提出するほうが確実です。

 

不要になったら、自ら取り下げることが出来ます。

 

離婚届受理証明書

 

また、離婚届が正式に受理されたら、申し出により「離婚届受理証明書」がもらえます。

 

「離婚届受理証明書」とは、役場が離婚届を正式に受理したことを証明する公文書です。

 

戸籍謄本は離婚届が届出されてから反映されるまでに2〜10日ほどかかりますが、離婚届受理証明書は届出を受理したその日に発行してくれます。

 

母子家庭の補助金の申請などで、離婚証明書の提出がすぐ必要になった時に便利です。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

離婚届の書き方自体はさほど難しいものではありませんが、内容に不備があれば何度も役場へ足を運ぶ羽目になります。

 

確実に受理してもらえるよう、しっかりポイントを押さえておきましょう。

 

 

 

離婚届について〜入手方法は?書き方や必要書類は?関連ページ

準備から離婚成立後まで、やるべきことの流れ・手続きについて
離婚を決意してから離婚届提出を経て、離婚が成立した後までにやるべき手続きの一覧や手順・流れを解説します。
離婚に向けての別居、費用は請求できる?
相談なしで勝手に別居に踏み切った場合は離婚時に不利になる?別居生活にかかった費用は請求できる?など、離婚を見据えた別居について解説します。