専業主婦の離婚について〜準備から離婚成立後の生活までの流れ

専業主婦カードローン専業主婦が抱えるストレスや悩み、その傾向と対策・体験談まとめ

専業主婦の離婚について〜準備から離婚成立後の生活までの流れ

 

離婚という選択

 

専業主婦のあなたが離婚を思い立った時、まず何から準備をすれば良いのでしょうか。

 

離婚は決して簡単に決めるものではないですし、話し合いで離婚を回避し夫婦の関係が回復できる可能性もあります。

 

しかし、夫のDVやモラルハラスメント、浪費癖や借金、繰り返す浮気などの問題があり、家庭生活に支障を来している場合は、専業主婦という立場であっても、あなたやあなたの子供のために、離婚を考えた方が良いかもしれません。

 

 

専業主婦は離婚できない?離婚に向けての必要な準備や流れとは

 

これまで夫の収入だけを頼りに生活してきた専業主婦にとって、離婚は困難なものなのでしょうか。

 

離婚によって、今までの辛い結婚生活から解放され、再就職・再婚をして幸せを掴む女性がいる一方で、結婚生活を我慢していた方がまだ楽だった、もっと相手と話し合って乗り越えればよかったと後悔する女性もいます。

 

 

家庭の状況によって、離婚までの過程は大きく変わりますが、まず、専業主婦の方が一番先に考えなければならない問題は、離婚後の生活が可能かどうかです。

 

また、子供がいる場合は、親権、養育費、養育場所について考えることが必要となります。

 

子供がいない場合は、その点の必要がないため、いる場合と比べると離婚に踏み切りやすい状況といえるでしょう。

 

 

離婚後の生活費はどうなる?貯金はどのくらい必要?

 

離婚を決めたら、新しく住む場所を探す、またはしばらくの間実家へお世話になることになると思います。

 

実家に帰れる場合、しばらくの間は生活面を頼れるかもしれませんが、実家には頼れないまたは無い場合は、自分で住居を探し生活費を用意する必要があります。

 

 

新生活の準備として必要な資金ですが、新たに住居を探した場合、一時的にかかるお金として、引っ越し代金、引っ越し先の敷金や仲介手数料、最低限の家具家電が必要になります。

 

その後、食費、水道光熱費、家賃などが何月先まで継続か考える必要があります。

 

 

仕事を見つけるよりも先に引っ越した場合、貯金を切り崩しながら生活をするのでは相当リスクが高いといえます。

 

また、無収入の状態では入居を断られる場合もあります。

 

まずは働き先を見つけ、決まった収入が得られる状態になってから、引っ越し先を探すことをお勧めします。

 

 

離婚準備の仕事探しは、新たな再スタートのチャンス!就職のコツとは

 

前項で述べたとおり、専業主婦が離婚をする前に、必ず行うべき準備は就職先を見つけることです。

 

離婚をしたものの、収入のあてもなく路頭に迷うのでは元も子もありません。

 

 

夫に不満はあるけれど、働くのは絶対に嫌だという考えであれば、厳しい言い方ではありますが、あなたは離婚をすべきではないと思います。

 

しかし、年齢が若いうちであればあるほど就職のチャンスは多いはずです。

 

若いうちに社会経験を積んでおくことによって、年齢を重ねてから離婚をした、または言い渡された時に、キャリアは自分にとって心強い味方になります。

 

更には、社会に出ることで交友関係が広がり、自分の価値観を客観的に見直すチャンスも生まれます。

 

 

これまで専業主婦だった方が就職活動をする際に、様々な雇用形態を選択することになります。

 

大きく分けて「正社員」「契約社員」「派遣」「パート・アルバイト」があります。

 

収入や社会保障が安定している点では、まず正社員が挙げられますが、必ずしも始めから正社員を目指す必要はありません。

 

なぜなら、キャリアがゼロの状態でいきなり入れる会社は少ないケースがほとんどで、入れたとしても離職率の高い会社である可能性があります。

 

 

ですので、キャリアがない人は、「契約社員」または「派遣」でキャリアを積み、次に「正社員」にステップアップすることをお勧めします。

 

働きながら資格取得の勉強をする方法もありますし、派遣期間終了後に正社員になることを予定として働く「紹介予定派遣」という制度もあります。

 

派遣登録は無料なので、複数の会社に登録することで、会社の方から様々なお仕事を紹介してもらえます。

 

 

まとめ

 

専業主婦でありながら離婚を決断することは、非常にリスクがあり勇気がいることです。
しかしながら事前にしっかりと準備を行うことで、リスクを最小限に回避することが可能です。

 

勢いや気持ちだけで離婚を決断する前に、まずは起こりうる様々な問題を想定し、解決する方法を考えていきましょう。