専業主婦カードローン専業主婦が抱えるストレスや悩み、その傾向と対策・体験談まとめ

シングルマザーの生活費と節約方法のまとめ

食費が占める割合は意外にも大きい

 

多くの母子家庭の世帯は、手当を含めても年収が300万円に満たない状況です。

 

シングルマザーにとって生活費はとても切実なものとなってくるでしょう。

 

少しでも生活費や貯蓄費を捻出するために、今回は生活費や節約方法についてまとめました。

 

 

シングルマザーの生活費はどのくらい?

シングルマザーの生活費は、子供の人数と年齢、住まいが実家暮らしか否かで大きく異なりますが、一例として小学生2人の母子家庭世帯の生活費内訳をあげてみます。

 

  • 家賃   4〜6万円
  • 水道光熱費 1万円
  • 通信費  1万円(インターネット代、キッズ携帯を含む)
  • 食費   3万〜4万円
  • 日用品  3千〜5千円
  • 給食費  8千円(一人当たり4千円)
  • 美容費  2〜5千円
  • 被服費  2千〜1万円
  • 交際費  5 千〜1万円
  • 教育費  5千〜1万円(習い事、教材費など)
  • 保険費  5千〜1万円

 

上記の支出を合計すると12万〜17万8千円になります。

 

その他、冠婚葬祭費や医療費、PTA会費や町内会費などの臨時出費もあります。

 

 

さらに、公共交通機関が少ない地方住まいの世帯で車での通勤が必須の場合、車の維持費もかかります。

 

自動車税、車検、車のローン、自動車保険、タイヤやオイル交換など大きな出費が求められます。

 

車の維持費はひと月当たりに換算するとガソリン代含めて2万円ほどになります。

 

 

一方で収入面は、平成23年の厚生労働省の発表によると、母子家庭世帯の個人月収の平均が約15万円で、自治体からの手当を含めると20万円前後になります。

 

貯蓄や学資保険の余裕が全くない世帯も少なくありません。

 

 

悩み事はお金ばかりじゃない!
多くのシングルママ共通の悩みについての記事はこちら

 

家計簿をつけることが、節約術の第一歩です!

節約のためにはまず、家計簿をつけて収入と支出のバランスをしっかりと把握しましょう。

 

 

家計簿を始めた方には、続かずに挫折してしまう方が多くいらっしゃいます。

 

挫折の原因は、きっちりつけすぎてしまうこと、手間や効率が悪い方法で行っていることにあります。

 

 

家計簿の目的は家計を完璧に出すことではなく、大まかな収支の総額と内訳のバランスを把握することにあります。

 

月々10円や100円単位の間違いは、さほど問題ではありません。

 

ある程度は適当でも構わないので、とにかく毎月続けることが大切です。

 

 

パソコンやスマホを所有しているのであれば、アナログで家計簿に書きこむ方法ではなく、家計簿アプリを利用することを強くお勧めします。

 

スマホの家計簿アプリは、レシートをカメラで撮影して読み込んで勝手に金額やジャンルの振り分けを行ってくれます。

 

スマホでは目が疲れてしまう、または所有していないという方でも、無料のパソコンソフトで高機能のものが色々あります。

 

面倒な計算を行う必要はなく自力で行うよりも正確ですし、総額や収支のバランスもグラフ表示してくれるので、月ごとの内訳が一目でわかります。

 

是非、自分に合ったものを試してみましょう。

 

 

まだまだ出来る節約!月々1〜2万円の節約テクニックとは

家計の内訳が明確になったら、次は節約方法です。

 

最も簡単で効果的な節約方法は、まず固定費の見直しを行うことです。

 

一度見直しができれば、あとは何もしなくても大きな節約効果が得られます。

 

 

固定費の中で見直しを行いやすい項目は通信費、保険料、住居費です。

 

 

通信費では、もしスマホを使用しているのであれば、格安SIMに変更するだけで通信料が月額2〜4千円程度に抑えることが可能です。

 

大手の通信メーカーは8千円程かかるため、固定費が半額以下になるのはとても大きいですね。

 

 

保険料は安い掛け金で幅広くカバーされる、共済を利用することをお勧めします。

 

 

住居費は市営・県営住宅の抽選に応募してみましょう。

 

母子家庭世帯は抽選数が優遇されるので、応募する価値はあります。

 

 

また、固定費の支払いはクレジットカードを使用し、カードは基本的に1枚にまとめるようにします。

 

これによって年間数千円分のポイントが自動的にたまります。

 

 

固定費を大きく節約出来たら、次は食費など日々の節約に取り掛かりましょう。

 

食費は基本的に自炊をして、料理は大量に作って冷凍庫を活用することで光熱費や手間を節約することが出来ます。

 

子供の被服費も、リサイクルショップやフリマを利用し、安く購入して使用済になったら売却すると良いでしょう。

 

 

まとめ

家計簿をつけて生活費を見直し、賢く節約することで、無理なく貯金や娯楽費を捻出できます。

 

節約のしすぎでストレスをためずに、時には気晴らしをすることも大切です。

 

今回の記事が、より豊かで楽しい生活を送るお役に立てたら幸いです。

 

 

 

 

大事なのは収支の把握!シングルマザーの生活費と節約方法のまとめ関連ページ

シングルマザーが貧困から抜け出すために利用したい支援
シングルマザー世帯の貧困率の高さは社会問題化しています。ここではシングルマザーが受けられる住や育児のサポート、各種相談窓口などを紹介します。
シングルマザーの生活保護について知りたい!受給条件やメリット・デメリットとは?
母子家庭世帯の生活保護申請の条件や申請の仕方、生活保護を受けることのメリット・デメリットについて紹介しています。
シングルマザーが受給できる手当てについて 〜 種類や金額、受給条件について解説
シングルマザー世帯が受給できる各種手当てについて、受給資格や手続き方法などを解説します。