専業主婦カードローン専業主婦が抱えるストレスや悩み、その傾向と対策・体験談まとめ

S.Hさん(20代)の体験談/求職活動当時25歳

 

子どもの為に 睡眠時間を削って猛勉強

私が就職活動する中で重視していることは、福利厚生がちゃんとしているところ、子供の時間が取れやすいこと、子育てについて応援してくれる職場であるということです。

 

 

資格を持っていなかったので、介護事務の資格をとろうと思い通信教育で勉強しています。

 

子どももまだ小さいので、子どもが寝てる時にしかできないので、なかなか勉強が進まなかったり、家のこともしないといけないから、自分のゆっくりした時間も取れないから、キツかった。

 

でも、離婚するってわかってたから、子どもの為!!と思って睡眠時間を削ってでも、1発で資格取ってやるぞ!と思いながら勉強してました。

 

子どもがいると働きにくい社会

就職活動では、子どもがいるからという理由で、何回も落とされました。

 

また、仕事に就いた後も、子どもが熱を出して仕事を休まないといけないとき、上司に連絡したらため息をつかれて「また?」みたいな口調で嫌味も言われました。

 

 

すごく、この社会は、シングルマザーだけじゃなく子どものいる家庭には働きにくい社会だなぁって思います。

 

働きたくても面接で子どもがいるって言っただけで毛嫌いされたくはありません。

 

 

確かに保育園とか出せばいろんな病気をもらったりして早退したり休まないときだってあります。

 

そしたら自分の仕事をほかの人が変わりにしないといけなかったり迷惑をかけちゃうことだってわかります。

 

でもこっちだって働かないと生活できないっていう状態です。

 

 

子育てに対する理解が少すぎて肩身が狭い思いです。

 

もっと子育てに対する理解をしていただける企業が増えて欲しいです。

 

求人にもシングルマザーとか子どもがいる方は断ってますとか書いていただけたらその、会社は選ばないし違う子育てに、理解のある会社を選びます。

 

本当に働きにくい社会です。

 

 

 

子供のいる女性が働きづらい社会。子育てに対する理解が少なすぎる関連ページ

社員待遇の求人はシングルマザーへの理解が薄く、面接で厳しい言葉を投げかけられることも
M.Fさん(20代)の求職体験談:求職中の身では保育園の優先順位が低く、なかなか子どもを入園できずに苦労 仕事に就いてからも子供優先の姿勢を同僚に影で非難されて居づらい状況に
地方での就職には運転免許が必須?自動車学校に通い自家用車も購入
R.Sさん(30代)の求職体験談:シングルマザーの求職活動について、仕事選びの基準や準備・工夫したこと、求職中や就職後に大変だったことなどを経験者に聞いてみました。
「もっと子供との時間を」面接官に諭され不採用に
T.Tさん(30代)の求職体験談:採用面接で面接官に「シングルマザーならもっと子供との時間を作ってあげて」と諭され不採用にされる
育児に理解もあり寛大な職場。それでも休出や残業が増え娘に寂しい思いを
T.Nさん(40代)の求職体験談:娘の小学校の近くで求職。幸い理解のある職場に就くことができたが、小さい娘に寂しい思いをさせてしまうこともしばしば
派遣から正社員に。忙しい職場も母が全面的にサポート
M.Oさん(40代)の求職体験談:シングルマザーの求職活動について、仕事選びの基準や準備・工夫したこと、求職中や就職後に大変だったことなどを経験者に聞いてみました。
複数の仕事を掛け持ち。深夜の勤務には社員から嫌味も…
R.Mさん(40代)の求職体験談:シングルマザーの求職活動について、仕事選びの基準や準備・工夫したこと、求職中や就職後に大変だったことなどを経験者に聞いてみました。
子供の将来の為に、離婚準備中から看護専門学校へ入学するため勉強を開始
N.Kさん(20代)の求職体験談:シングルマザーの求職活動について、仕事選びの基準や準備・工夫したこと、求職中や就職後に大変だったことなどを経験者に聞いてみました。
3人の子どもが次から次へとインフルエンザに…生活の危機を感じたことも
R.Sさん(20代)の求職体験談:シングルマザーの求職活動について、仕事選びの基準や準備・工夫したこと、求職中や就職後に大変だったことなどを経験者に聞いてみました。