専業主婦カードローン専業主婦が抱えるストレスや悩み、その傾向と対策・体験談まとめ

R.Sさん(30代)の体験談/求職活動当時36歳

 

地方での就職のため、免許を取得し車も購入

求職では、子供優先を理解してくれる職場ということを重視しました。

 

また、私が住んでいるところが地方のため、応募内容の必須項目に運転免許をあげる企業が多々ありました。

 

だから、自動車学校に通い免許を取って車を購入しました。

 

あとは自分のスキルがわかるように、履歴書や職歴を自分で作成して持っていきました。

 

希望の職種や条件はほとんど無い

お給料面ですが、私の住んでいるところが田舎なので、関東域の時給や月給と比べてとても低いということが大変でした。

 

どこも最低賃金からです。

 

 

求職活動で二番目に困ったのが、自分のやりたい職種の募集がほとんどないということでした。

 

私はデータ入力のお仕事がしたかったのですが、それ中心の業務をする会社はなく、大抵が事務や受付と並行してやるものでした。

 

 

では事務をと探すと、次に悩むのが応募条件でした。

 

事務系のお仕事は社員雇用が多く、表示されてる給料の内訳には当然のように月数十時間以上の残業がついていました。

 

固定の勤務時間が保育園の登園降園にかぶらないと思っても、毎週数回残業となるのです。

 

入る保育園によっては延長料金や夕食代をとられるところもあるので、残業はどうしても避けたいと思いました。

 

 

また、社員雇用の場合、お休みは日祝と盆・正月。

 

当然と言われれば返す言葉もありませんが、保育園はイベントが土曜日に発生するので、風邪で休ませないとしても月1〜2回は欠勤になってしまいます。

 

探していてなかなかこちらの希望通りの企業がみつかりませんでした。

 

 

 

地方での就職には運転免許が必須?自動車学校に通い自家用車も購入関連ページ

社員待遇の求人はシングルマザーへの理解が薄く、面接で厳しい言葉を投げかけられることも
M.Fさん(20代)の求職体験談:求職中の身では保育園の優先順位が低く、なかなか子どもを入園できずに苦労 仕事に就いてからも子供優先の姿勢を同僚に影で非難されて居づらい状況に
子供のいる女性が働きづらい社会。子育てに対する理解が少なすぎる
S.Hさん(20代)の求職体験談:介護資格の資格を摂るため通信教育で勉強中 小さい子どもが居て日中は勉強が進まず、睡眠時間を削って一発合格を狙う
「もっと子供との時間を」面接官に諭され不採用に
T.Tさん(30代)の求職体験談:採用面接で面接官に「シングルマザーならもっと子供との時間を作ってあげて」と諭され不採用にされる
育児に理解もあり寛大な職場。それでも休出や残業が増え娘に寂しい思いを
T.Nさん(40代)の求職体験談:娘の小学校の近くで求職。幸い理解のある職場に就くことができたが、小さい娘に寂しい思いをさせてしまうこともしばしば
派遣から正社員に。忙しい職場も母が全面的にサポート
M.Oさん(40代)の求職体験談:シングルマザーの求職活動について、仕事選びの基準や準備・工夫したこと、求職中や就職後に大変だったことなどを経験者に聞いてみました。
複数の仕事を掛け持ち。深夜の勤務には社員から嫌味も…
R.Mさん(40代)の求職体験談:シングルマザーの求職活動について、仕事選びの基準や準備・工夫したこと、求職中や就職後に大変だったことなどを経験者に聞いてみました。
子供の将来の為に、離婚準備中から看護専門学校へ入学するため勉強を開始
N.Kさん(20代)の求職体験談:シングルマザーの求職活動について、仕事選びの基準や準備・工夫したこと、求職中や就職後に大変だったことなどを経験者に聞いてみました。
3人の子どもが次から次へとインフルエンザに…生活の危機を感じたことも
R.Sさん(20代)の求職体験談:シングルマザーの求職活動について、仕事選びの基準や準備・工夫したこと、求職中や就職後に大変だったことなどを経験者に聞いてみました。