専業主婦カードローン専業主婦が抱えるストレスや悩み、その傾向と対策・体験談まとめ

看護師の資格を取りたい!シングルマザーが看護学校に通うには

シングルママにも人気の看護師資格

 

いつの時代でも看護師は常に必要とされる職業であり、高い就職率や収入が魅力的な職業です。

 

そんな背景もあって、看護師はシングルマザーにも人気の職業です。

 

看護学校に通って資格取得を考えている方のためのアドバイスをいたします。

 

就職や収入増に有利な資格は他にも!
シングルマザーが支援や手当を受けられる各種資格についての記事はこちら

 

学費の相場や修学期間はどのくらい?学校に違いはあるの?

学校に通うにあたってまず気になるところは、学費がいくらかかるかというところではないでしょうか。

 

 

看護学校には大学と専門学校があり、さらに私立と国公立が存在します。

 

国公立の方が学費は安いですが、その分入学の倍率は高い傾向にあり、科目数や受験のレベルも上がるため、入試が最初の難関となります。

 

 

大学と専門学校の違いは、大学は4年制でカリキュラムの項目が多く幅広い教養が学べます。

 

専門学校の多くは3年制で実習が多く、現場での実践力を養うカリキュラムが中心となります。

 

 

そのため、学費や修学期間を出来るだけ少なく抑えたいのであれば、国公立看護専門学校がお勧めです。

 

 

 

参考までにおおよその費用を紹介します。

 

  • 私立看護大学(4年生)…400〜500万円
  • 国公立看護大学(4年生)…200万円
  • 私立看護専門学校…200〜300万円
  • 国公立看護専門学校…10〜150万円

 

 

学費のほかに、交通費や教科書代・白衣代などかかる点も留意しておきましょう。

 

 

学費や奨学金制度は学校によって異なります。

 

まずは通学可能な距離にある、各学校のホームページを調べてみましょう。

 

 

看護学校の学費の公的な支援や手当について

母子家庭にとって、看護学校の学費はとても大きな金額になります。

 

母子家庭を支援するために、自立支援給付金という公的の制度が存在します。

 

注意点としては、支援制度を受けるためには、必ず申請が必要となります。

 

 

高等職業訓練促進給付金等事業

母子家庭が看護師や介護福祉士などの資格取得のために1年以上養成校へ通う場合、国から支援給付金を受けることが出来る制度です。

 

対象となる条件は、児童扶養手当を受けていること、養成校に1年以上通い資格取得の見込みがあること、育児と修業の両立が困難であることです。

 

 

高等職業訓練促進給付金
  • 市民税非課税世帯…月額10万円
  • 市民税課税世帯…月額7万500円
  • 支給期間は3年を上限として全期間受けることが出来る

 

高等職業訓練修了支援給付金
  • 市民税非課税世帯…5万円
  • 市民税課税世帯…2万5千円
  • 修了時に支給される

 

看護師の資格取得を目指すシングルマザーにとって非常にありがたい制度ですので、利用しない手はありません。

 

まずはお住まいの役場や福祉事務所等に相談し、手続きの方法を確認してみてください。

 

 

その他には、各看護学校や将来勤務を条件とする病院から学費を借り入れられる独自の奨学金制度も存在します。

 

 

育児と通学の両立は可能?勉強や実習の大変さは?

学費の次に問題となるのは、学業と育児の両立です。

 

特に子供が小さい場合は、両親やベビーシッター、保育園や学童など、子供の面倒を代わりに見てもらえる環境がなければ資格を取るのは不可能です。

 

なぜなら、育児を理由に課題を提出しないことや実習を休むことは、看護学校では許されないからです。

 

 

子供が留守番をできる年齢になったとしても、急に発熱や怪我をした場合や学校行事など、母親が出なければならない場合、母親の代理を行ってくれる人がいるかどうかも重要になります。

 

学校に通うのであれば、育児面は万全のサポート体制を整えておきましょう。

 

 

3年制の看護専門学校は1年生から課題やレポートが非常に多く、3年生ともなればほとんどが臨床現場実習となります。

 

実習そのものも心身共に負担の大きなものですが、実習した日に毎日レポートを提出しなければならないため、それだけでもかなり過酷な環境となります。

 

 

そして、最終的には看護師の国家資格の受験があります。

 

試験の出題範囲が膨大なので、勉強時間の確保は必須です。

 

 

これらを乗り越えるためには、一人で抱え込まず、家事や育児を全て完璧にこなそうとせず、抜けるところは適度に抜く工夫をしましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

看護師になるための道のりは決して楽なものではありませんが、本気で取り組もうと考えているのであれば、是非参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

看護学校の修学期間は?公的支援や手当は?シングルマザーの看護師資格取得への通筋について関連ページ

シングルマザーが仕事と子育てを両立するために考えたい3つのポイント
子育てと仕事の両立、という観点から、シングルマサーが仕事を探す上で押さえておく3つのポイントを解説します。
シングルマザーは正社員になるべき?メリットとデメリットとは?
シングルマザーが求職をする場合に悩みどころの一つとなる雇用形態。ここでは正社員として働く場合のメリット・デメリットを解説します。
シングルマザーはパートでも生活できる?正社員と比較したメリット・デメリットとは?
勤務時間に融通が利きやすく、小さな子どもを持つシングルマザーにとっては働きやすいパートタイム従業員のメリットやデメリットについて解説します。
シングルマザーが起業するには?起業のメリット・デメリット
家庭と仕事の両立が必然のシングルマザーの働き方として、働き方が選びやすい起業という選択肢はどうなのか?ということを徹底分析!
シングルマザーの求人選び〜おすすめの就労支援機関から求人情報の読み方まで
シングルマザーが求職をする際の求人情報の探し方や、母子家庭に理解のある企業の見つけ方などを紹介します。
シングルマザーが転職するための心構えやタイミングについて
今の仕事では将来の生活が不安で、転職を考えているシングルマザーの方に向けた、転職の心構えやタイミングなどの情報をまとめています。
シングルマザーに有利な資格や取得支援について
シングルマザーが求職をする際に大きな武器となるのが各種資格。ここでは各種資格や資格取得の際に補助を受けられる支援制度などについて紹介します。
少しでも収入を増やしたい!シングルマザーにお勧めの副業とは
家に居る時間を活用して少しでも収入を増やしたい、と考えるシングルマザーにおすすめの副業を紹介しています。