専業主婦カードローン専業主婦が抱えるストレスや悩み、その傾向と対策・体験談まとめ

シングルマザーに有利な資格や取得支援について

 

これから仕事を探す予定のシングルマザーの皆さんの中には、今までずっと専業主婦でブランクがある人もいるかもしれません。

 

未経験の仕事を探す場合や経験が浅い職種を選ぶ場合、資格を取るというのもひとつの手段と言えます。

 

そんなシングルマザーにとって有利な資格や取得支援について、考えてみました。

 

高等学校卒業程度認定試験合格支援

シングルマザーの中には、学歴が十分でないために、職探しが困難になっている人もいるかと思います。

 

職種によってはあまり学歴が関係ない場合もありますが、安定した仕事や高時給の仕事に就きたい場合、学歴が必要となることもあります。

 

また、学歴不問と書いてある求人の場合でも、やはり、学歴があることで自信にもつながりますし、持っていて損はないですよね。

 

そんなシングルマザーのために必見の支援制度が、28年度4月に開始されました。

 

 

「高等学校卒業程度認定試験合格支援」というこの制度は、中卒または高校中退のシングルマザーを支援する制度です。

 

具体的には、高卒認定試験合格のための講座(通信講座も含む)の受講料を一部支給するという支援制度で、受講終了時には、受講費用の2割が支給され、試験合格時には、受講費用の4割、合計で最大15万円が支給されます。

 

高卒以上の学歴がないことで就職が決まらないシングルマザーには、ぜひ活用して欲しい制度です。

 

 

また、この制度のおすすめポイントは、お母さんだけでなく、20歳未満の子供にも適用されるということです。

 

まだ新しいこの制度は、住んでいる自治体によって異なる場合もあるかもしれませんので、役所などに確認して上手に活用されることをおすすめします。

 

自立支援教育訓練給付金

次に、学歴の有無を問わず、すべてのシングルマザーにおすすめの資格支援制度が、「自立支援教育訓練給付金」という制度です。

 

こちらは、母子家庭や父子家庭の親が、パソコン、事務、語学、福祉などの資格支援のための指定講座を受講した場合、受講にかかった費用の60%が支給される(上限は25万円)という支援です。

 

パソコンや語学の特技を生かした事務の仕事は、母子家庭だけでなく子育て中の主婦に人気の高い仕事ですし、福祉関係の仕事も需要が多く就業しやすい仕事と言えます。

 

ですから、これらの仕事の経験が浅かったり、これから就業を目指したいという人は、こちらの給付金を利用しながら、資格取得を目指すといいと思います。

 

 

しかし、この給付金制度ですが、すべての方が対象となるとは限りません。

 

具体的には、以下の条件を全て満たす方が、対象となります。

 

  1. 児童扶養手当の支給を受けているか、所得か同様の水準にあること
  2. 受講開始日に、雇用保険法による教育訓練給付の受給資格がないこと
  3. 就業経験や技能などから判断して、適職に就くために教育訓練の給付を受けることが必要であると認められること
  4. 以前に自立支援教育訓練給付金事業の給付金を受給していないこと

 

以上の条件には、分かりにくいこともあると思いますので、役所などに相談し、確認してみることをおすすめします。

 

 

 

また、給付金の対象となる講座についてですが、こちらも指定があり、雇用保険制度による教育訓練給付金対象の講座のみ支給されるようです。

 

詳細については、厚生労働省のホームページから検索できますので、興味がある方は、調べてみてくださいね。

 

高等職業訓練促進給付金

最後に、本格的に手に職を就けるために、1年以上訓練したいというシングルマザーにおすすめの制度がこちらです。

 

具体的には、看護師、介護福祉士、歯科衛生士、理学療法士、保育士、美容師、栄養士などの国家資格などの取得のために、1年以上養成機関で勉強するシングルマザーなどに対し、給付金が支給されるという制度です。

 

支給の上限は3年間で、非課税世帯には、月額10万円、課税世帯には、7万500円が支給されるようです。

 

また、受講終了後には、高等職業訓練修了支援給付金として、非課税世帯には、5万円が、課税世帯には、2万5000円が支給されます。

 

 

また、こちらの制度は、入学金や就業準備金の貸付制度も設けられており、資格取得から1年以内に取得した資格職に就業し、かつ、5年以上就業した場合は、返済が免除になるとのことです。

 

生涯食べていくための資格を身に付けられるだけでなく、最大3年間もお金が支給され、入学金などの免除制度まであるなんて・・。

 

対象の資格も今後も需要がありそうな職種ばかりですし、しっかり通うための環境を整えることができ、就業することへの強い意志があるシングルマザーの方には、大変メリットの多い支援制度だと思います。

 

まとめ

以上、これから手に職を付けたいシングルマザーにおすすめの資格や支援制度について、3つ考えてみました。

 

就業経験に乏しかったり、未経験の職種にチャレンジしてみたいという向上心の強いシングルマザーの方は、ぜひ、このような支援制度をうまく利用しながら、将来のステップアップに役立ててくださいね。

 

 

 

シングルマザーに有利な資格や取得支援について関連ページ

シングルマザーが仕事と子育てを両立するために考えたい3つのポイント
子育てと仕事の両立、という観点から、シングルマサーが仕事を探す上で押さえておく3つのポイントを解説します。
シングルマザーは正社員になるべき?メリットとデメリットとは?
シングルマザーが求職をする場合に悩みどころの一つとなる雇用形態。ここでは正社員として働く場合のメリット・デメリットを解説します。
シングルマザーはパートでも生活できる?正社員と比較したメリット・デメリットとは?
勤務時間に融通が利きやすく、小さな子どもを持つシングルマザーにとっては働きやすいパートタイム従業員のメリットやデメリットについて解説します。
シングルマザーが起業するには?起業のメリット・デメリット
家庭と仕事の両立が必然のシングルマザーの働き方として、働き方が選びやすい起業という選択肢はどうなのか?ということを徹底分析!
シングルマザーの求人選び〜おすすめの就労支援機関から求人情報の読み方まで
シングルマザーが求職をする際の求人情報の探し方や、母子家庭に理解のある企業の見つけ方などを紹介します。
シングルマザーが転職するための心構えやタイミングについて
今の仕事では将来の生活が不安で、転職を考えているシングルマザーの方に向けた、転職の心構えやタイミングなどの情報をまとめています。
看護学校の修学期間は?公的支援や手当は?シングルマザーの看護師資格取得への通筋について
安定した立場と収入でシングルマザーにも人気の高い看護師。看護師資格取得のために必要な費用や期間、各種手当てなどを紹介します
少しでも収入を増やしたい!シングルマザーにお勧めの副業とは
家に居る時間を活用して少しでも収入を増やしたい、と考えるシングルマザーにおすすめの副業を紹介しています。