専業主婦の銀行カードローンの選び方

専業主婦の銀行カードローンの選び方

専業主婦のための銀行カードローン

 

それでは専業主婦のための銀行カードローンの選び方について書いていきましょう!

 

銀行の中のローン商品別で比べると、すべてのローンが借りられるわけではなく、専業主婦不可となっているカードローンもあるので要注意です。

 

専業主婦の方が申し込めるものと、申し込めないものに分かれていますので、利用する前には必ず確認しておいてください。

 

 

銀行のカードローンは総量規制の対象外

 

まずはすでにご存じかもしれませんが、法律について簡単にふれていきましょう。

 

専業主婦でも審査が通るのは、都市銀、地銀、メガバンク、ネットバンクなどの銀行の名前で行っている個人向け融資、スーパーやコンビニが展開している銀行のものなどです。

 

例を挙げると、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック・新生銀行カードローンレイク・みずほ銀行カードローンなどが一般的な銀行で、ネットバンクはじぶん銀行や楽天銀行、そしてセブン銀行。
イオン銀行と言ったスーパーなどが資本となって設立した銀行のカードローンもあります。

 

これらは全て、総量規制の対象外なため、パートをしていない専業主婦の方でもお金を借りることができます。

 

カードローンの名前を具体的に羅列してみますと、

 

  • 東京スター銀行カードローン
  • 新生銀行カードローンレイク
  • みずほ銀行カードローン
  • じぶん銀行カードローン
  • セブン銀行カードローン
  • 東京三菱UFJ銀行カードローンバンクイック
  • 楽天銀行スーパーローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • イオン銀行カードローンBIG
  • 静岡銀行カードローンセレカ

 

が該当します。

 

セブン銀行、イオン銀行などのカードローンは自社店舗のコンビニやスーパーにATMを設置できることから、利便性がとても高くなっています。

 

ネットバンクならネットでいつでも使えるというネットバンクならではの利点があります。

 

ただし、イオン銀行のカードローンBIGは返済方法が口座振替のみで、必ずイオン銀行の口座を開設しなければならないという制約があるところもありますので注意してください。

 

 

銀行系のカードローンは総量規制の対象になっているので注意!

 

アコムやプロミスは消費者金融でしたが、現在はそれぞれ三菱UFJフィナンシャルグループと三井住友フィナンシャルグループの傘下となっています。

 

消費者金融が銀行の傘下となったもので、銀行系カードローンと消費者金融の明確な線引きがわかりづらくなっています。

 

銀行傘下のカードローンではありますが、総量規制の対象となるため専業主婦の審査は通りません。

 

即日審査や、振り込み対応などローンの借り入れ速度には魅力が多いところはありますが、金利も普通の銀行カードローンよりも高く設定されていることも多く、審査落ちとなるので申し込みは避けてくださいね。