カードローンの返済ができないときは取り立て屋が来る?払えない時のペナルティ

カードローン返済日に払えない時どうなるの?

返済できない

 

「借金の返済が滞ったら取り立てが来る。」

 

取り立てと聞くと、どうしても怖いものを想像しがちではないでしょうか。
ご安心ください。
今はしっかりと法整備されており、脅し、恐喝と言った人を怖がらせるような取立ては法律で完全に禁止されています。
取り立てで乱暴なことをする債権者は一昔前と比べてなくなりました。

 

今回は、借金返済で困った時の切っても切れない言葉「取り立て」についてご紹介していこうと思います。

 

取り立ての流れ

 

カードローン会社と一口に言っても銀行系、信販系など、株式会社の大手企業から地元地域だけでやっているような小さい規模の業者まで様々あります。

 

取り立てと言うものに関して決定的な違いは、スピード感にあります。

 

取り立ての流れはどこも同じですが、一般的には規模が小さい会社ほど取り立ての行動を起こすタイミングが早いと言われています。

 

大手の場合だとお客さんも多いため、とても紳士的に、平たく言えばマニュアル対応が主です。

 

数日返済が遅れれば電話、ハガキなどで支払予定日が過ぎている旨を伝えるというもので、なかには借金の返済だということを同居している他の家族に気づかれないように配慮してくれるところもあります。

 

ここで応対して入金することを約束し、実際に遅れていた分を返済出来れば、しばらくの間は連絡がありません。

 

取り立て屋は来ないが担当者が来ることはある

 

しかし、このタイミングでもさらに約束を破ったり、無視するようなことがあれば電話がかかるタイミングが毎日になったり、職場に電話がかかってきたり、最後には担当者が自宅に訪れるようになります。
だいたい直接訪問まではおよそ1か月あるとされています。

 

中小の業者だと、大手の流れもスピードが上がります。

 

やはり、規模が小さいとお客を獲得するのも難しい上に、利用する顧客もリスクのある方が多くなるので、どうしても遅延にはシビアに厳しく対応するものです。

 

さらに、マニュアルがないところは法律違反しない程度の厳しい口調、荒い言葉遣いで迫ることも見られます。

 

規模に関わらず貸金業者が一番嫌がるのが「連絡のつかないお客さんです」
お金を作っているのか、働いているのか、はたまた日本にいるのかどうか、生きているかどうかが完全に分からないのは、業者にとっては最も不安で注意したいものです。

 

払えなくて怖いときでも、電話にしっかり出て連絡が付くことを伝えましょう。

 

電話がかかってきても無視しても良いことはありません。

 

払えない時のペナルティは損害遅延金がかかる

 

約束した期日までに支払えなかった場合、業者から新たに課せられる料金が、遅延損害金です。

 

通常、利息と呼ばれるものは業者にとっては営業利益に直結しますが、遅延損害金は利益にはならず、督促に使った費用を回収するのが目的となります。

 

カードローンの返済遅延を防ぐためにある、ペナルティとして用意しているのもそうですが、督促状を送ったり、電話を掛けたり、あるいは担当者と向かわせたコストなどを徴収するために用意されています。

 

カードローン会社は遅延損害金を払わずに済むように期日までに返済するように強く推奨していますし、遅延損害金で利益が出る仕組みはありません。

 

様々なカードローン会社の商品説明には、必ず遅延損害金についても記載されています。

 

遅延損害金は具体的には個人向け融資の上限となる20%がほとんどです。

 

30日間、17.8%で10万円を借入れ、3日分遅れてしまった場合、30日分の利息は10万円×17.8%÷365日×30日で1463円となります。

 

3日分の遅延損害金は10万円×20%÷365日×3日となり、164円が加算されるということになります。
164円は金額にしたら非常に少額ですが、これは通常金利30日分の1割を超えている金額になります。
このようなことが無いよう、返済期限は必ず守るようにしてください。

 

なかには遅延損害金も通常の借入金利と同じと打ち出しているところもあります。

 

ちなみに、返済期日を90日間も過ぎてしまうと、遅延金がかかるだけではなく個人信用情報に事故情報として報告されてしまいます。

 

 

返済計画は十分に練り、計画的に利用しましょう。

 

三井住友銀行など、銀行系のカードローンの大半のところではメールでのお知らせサービスを行っています。
期日の数日前になるとメールで返済日や返済額を知らせてくれるというとても便利なサービスです。
また、口座引き落としで返済が出来るところも増え始めてきました。

 

返済が遅れたとしても、利用者のことをしっかり考えてくれるのはそうですが、やはり大原則として返済は遅れないようにしてください。

 

繰り返してしまうとクセになってしまい、信用に傷がついてしまい、いつの間にか返せないほど膨らんでしまったということにもなりかねませんよ。